中国での韓流ブーム、一部芸能人の「中国を征服した」発言で下火に=日本では絶好調なのに…―韓国紙

Record China    2011年11月2日(水) 9時10分

拡大

1日、韓流アイドルグループの人気が中国ではすっかり下火になっている。一部の韓国芸能人による「中国を征服した」という発言が中国人ファンの反感を買ったためだという。写真は7月、上海で記者会見&サイン会を開いた韓国の6人組アイドルグループ「BEAST」。

(1 / 4 枚)

2011年11月1日、環球網によれば、少女時代やKARAなど韓流アイドルグループの人気が日本で高まっているが、中国では人気がすっかり下火になっている。一部の韓国芸能人による「中国を征服した」という発言が中国人ファンの反感を買ったためだという。

その他の写真

朝鮮日報が1日報じたところによれば、中国での活動が8年目に入った韓国の女性歌手チャン・ナラの所属事務所が「中国での韓流ブームは以前ほどではなくなった」、「(男性アイドルグループの)スーパージュニア以外は、中国での韓国人歌手の活動機会が大幅に減っている」ことを明かしている。

その原因について、一部の韓国芸能人が中国で短期間の活動を行った後、帰国して「中国を征服した」などと発言したことが中国人のプライドを刺激し、反感を買ったのではないかと同紙は分析。事務所関係者も中国での「韓流」の売り方は慎重にしていく必要があるとの見方を示している。(翻訳・編集/岡田)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携