Record China

ヘッドライン:

F4ヴィックとビビアン“幻のキス”はノーカット!すっぴん素顔にも注目―安徽省

配信日時:2011年10月20日(木) 23時56分
拡大
19日、中国最大の映画賞「第20回金鶏百花電影節」で、F4のヴィック・チョウとビビアン・スー主演映画「与時尚同居」のメディア発表会が行われた。
(1/4枚)

2011年10月19日、中国・安徽省で開幕した中国最大の映画賞「第20回金鶏百花電影節」で、F4のヴィック・チョウ(周渝民)とビビアン・スー主演映画「与時尚同居」のメディア発表会が行われた。網易娯楽網が伝えた。

その他の写真

ドラマ「流星花園〜花より男子〜」で知られるF4のヴィック・チョウとビビアン・スーが主演する「与時尚同居」は、2人が8年ぶりに共演した作品。「2人が演じたせっかくのキスシーンがカットされたらしい」と大きな話題を集めたが、イン・リーチュアン(尹麗川)監督によると映画本編の中にきちんと残してあり、「観客へのサプライズになると思う」と期待感を煽っていた。

8年ぶりの共演で、お互いを「成熟して大人になった」とほめ合ったヴィックとビビアン。問題のキスシーンはNGなしで撮り終えたが、ヴィックはOKが出たとたん、恥ずかしさで顔が真っ赤になったという。脚本には“抱き合ってキスし、笑う”とだけ書かれており、「自分の理解力に挑戦して臨んだシーンなので、カットされたと聞いた時は残念だった」と話していた。

ビビアンは、同作への出演を決めた理由について「時代劇が続いたので現代劇がやってみたいと思い、即答した」と話した。全編にわたってジャージ姿にすっぴんとナチュラルすぎる役柄だったが、自分の普段の姿に近いため楽しく演じられた、と話している。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング