Record China

ヘッドライン:

仙台へのパンダ貸与案件、野田首相は「友好の演出」に利用するな―中国メディア

配信日時:2011年10月19日(水) 11時11分
拡大
18日、震災で多大な被害を受けた仙台市が「子ども達に希望と勇気を与えたい」と、中国の程永華駐日大使にパンダ2頭の貸し出しを求めたことを明らかにした。写真は5月、四川省成都パンダ基地のパンダたち。
(1/4枚)

2011年10月18日、震災で多大な被害を受けた仙台市が「子ども達に希望と勇気を与えたい」と、中国の程永華(チョン・ヨンホア)駐日大使にパンダ2頭の貸し出しを求めたことを明らかにした。環球網が日本メディアの報道を引用して伝えた。

その他の写真

程大使は中国の政府関係部門に伝えることを約束したが、今のところ回答はまだ得られていない。仙台市の奥山恵美子市長はパンダの飼育にかかる費用のほか、毎年支払うことになるレンタル料も高額で財政上の負担になることも認めた上で、「それでも市民の期待は高い」とアピールしている。

被災地へパンダを貸し出すことについて、中国でも注目が集まっている。環球網の行ったオンライン調査には、1万人あまりが参加。その結果、92%が「反対」と回答した。日本の華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は、パンダの貸与は日中友好に大きく貢献すると指摘し、中国政府は前向きに考慮しないわけにはいかないとしている。

同編集長は一方で、野田佳彦首相はこの件を単に日中国交回復40周年の象徴的な出来事とし、「友好の演出」に利用すべきではないと指摘。日中の政治家は両国関係に対する「大局観」と「決断力」を高めるべきであり、「パンダ外交」を「パフォーマンス外交」に置き換えることに神経を注いでいる場合ではないと苦言を呈した。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

パンダの来日は「絶妙なタイミング」、日中関係改善の第一歩か―香港紙

21日、ジャイアントパンダの「比力」(ビーリー)と「仙女」(シエンニュ)が中国から上野動物園に到着した。香港紙は「絶妙なタイミング。両国の国民感情を改善する第一歩になるかもしれない」と報じている。写真は上野動物園入り口の売店で売られるパンダグッズ。

Record China
2011年2月23日 9時29分
続きを読む

2頭のジャイアントパンダが日本に向けて出発―中国

20日、上野動物園で飼育されるジャイアントパンダの「比力(ビーリー、雄)」と「仙女(シィエンニュ、雌)」が、日本に向けて出発した。写真は四川省雅安市の臥竜パンダ野生化訓練センターで訓練を受ける「草草(ツァオツァオ)」。

Record China
2011年2月21日 9時30分
続きを読む

ランキング