Record China

ヘッドライン:

ごみや排水の増加で地下水汚染が深刻化、抜本策見えず―北京市

配信日時:2011年10月19日(水) 14時13分
拡大
17日、北京の地下水汚染が深刻化している。経済成長に伴い都市部のごみが急増し、工場排水が地下へ浸透するなど、汚染は広がる一方だ。写真は北京のマンション付近に捨てられた生活ごみ。
(1/4枚)

2011年10月17日、網易によると、中国・北京の地下水汚染が深刻化している。北京市民に供給される生活用水のうち、約3分の2は地下水をろ過したもの。経済成長に伴い都市部のごみが急増し、工場排水が地下へ浸透するなど、汚染は広がる一方だ。

その他の写真

北京市では市内主要地域で地下水質の定点観測を行っている。担当者によると、最も汚染の危険性が高いのは、ごみ処理場の周辺地域。2009年に“悪臭で悪名高い”市南西部の北天堂ごみ処理場へ向かったところ、「乗っていた車を停めた途端、フロントガラスにハエがびっしりたかった」という。周辺の地下水に含まれる細菌や化学物質の量は、安全基準を大きく超えていた。

また、市当局が「最も巨大な汚染源」と指摘するのは、秋から冬に道路や住宅の庭に放置される家庭ごみだ。雨が少なく乾燥した北京では、ごみが路上や庭に積み上げられて放置される。一度雨が降るとごみから汚染物質が染み出し、そのまま地面に浸透する。春になると北京を流れる河川の下流域では、冬の間に流れてきたごみが蓄積。流れる水は真っ黒になるという。専門家の1人は「一度汚染された水を元に戻すのは難しい」と懸念するが、抜本的な対策は見つかっていない。(翻訳・編集/AA)

関連記事

ランキング