Record China

ヘッドライン:

御曹司との破局ビビアン・スー認める、原因は相手の心変わりか―中国

配信日時:2011年10月15日(土) 0時9分
拡大
13日、このほど実業家男性との破局が報じられた女優ビビアン・スーが、中国メディアのインタビューでこれを匂わすコメントを発した。写真はビビアン・スー。
(1/2枚)

2011年10月13日、このほど実業家男性との破局が報じられた女優ビビアン・スーが、中国メディアのインタビューでこれを匂わすコメントを発した。新浪網が伝えた。

その他の写真

台湾の大手紡績メーカー・廣豊グループのイケメン御曹司で、5歳年下のレオ・ハー(賀錫敬)氏と交際1年で破局したと伝えられた。原因については、多忙な2人にすれ違いの時間が多く、遠距離恋愛が持ちこたえられなくなったとされている。今回、中国の週刊誌・南都娯楽週刊のインタビューに応じたビビアンの口からは、興味深いコメントが飛び出した。

仕事と恋愛について、「バランスをとるのが上手じゃない」と語ったビビアン。「だから仕事も恋愛もそれぞれ必死に努力するわ。でも、恋愛にはご縁があるかどうかも大きなポイント。努力したからっていい結果が生まれるものじゃない。もし自分が努力しても、相手が心変わりする時はそうなるものよ。それは、私がコントロールできることじゃない」と話した。

人気女優と資産家カップルの交際&結婚は台湾でもたびたび話題になるが、交際相手にこうしたお金持ちを選ぶことについて、「否定はしない」という。「お金持ちだからって、その人が虚栄心が強いとは限らないし。財産のあるなしに関わらず、私が大事だと思うのは、価値観や人生観が自分に近い人。お金がありさえすれば誰でもいいわけじゃない。ただし、経済状況が良ければ楽な生活もできるし、それはそれでいいことよ」と話している。

ビビアンが望む男性像とは、真っ直ぐで誠実で善良な人。自分自身も、そういう態度で仕事や家族や友人、恋人に接したいという。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング