“陽澄湖産の上海ガニ”とあの手この手で産地偽装、防止策追いつかず―SP英字紙

Record China    2011年10月12日(水) 16時13分

拡大

8日、シンガポール紙は「中国では上海ガニのために金を出す」と題した記事を掲載した。中国の秋の味覚・上海ガニだが産地偽装問題が人々を悩ませている。写真は9月、「偽物防止用タグ」が付けられた最高級ブランド陽澄湖産の上海ガニ。

(1 / 4 枚)

2011年10月8日、シンガポールの英字紙ザ・ストレーツ・タイムズは「中国では上海ガニのために金を出す」と題した記事を掲載した。中国の秋の味覚・上海ガニだが産地偽装問題が人々を悩ませている。11日付、環球時報が伝えた。

その他の写真

中国人は上海ガニが大好物だ。特に上海近くの陽澄湖産が最高級ブランドとして人気が高い。だが、この秋の味覚が今まさに中国の消費者を苦しめている。こぶし大で、わずか200グラムの陽澄湖産は800元(約9600円)。それでも、国慶節(建国記念日)期間中、中国のスーパーでは飛ぶように売れた。

しかし、産地偽装問題が後を絶たない。これを防ぐため、わざわざ一匹ずつ「偽物防止用タグ」を付け、ホットラインを開設し電話での問い合わせも受け付けている。陽澄湖産と証明するために養殖場から運ばれた際の空輸航空券やインボイスを提示するレストランまで現れた。

 

だが、ここまでやっても産地偽装はなくならない。ネット上では「偽物防止用タグ」が堂々と売られている。他産地のカニを陽澄湖にしばらく浸けただけで陽澄湖産と偽る者もいる。市場では本物が水揚げされる前にニセモノの陽澄湖産が早くも出回るという有様だ。

陽澄湖上海ガニ業協会の楊維(ヤン・ウェイ)会長は、産地偽装問題を根絶することは、ほぼ不可能であると認めた上で、「人々の意識を高め、しっかりと法律で取り締まる。これを徹底すれば問題はこれほどひどくならないのでは」と話している。(翻訳・編集/若林亜希)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携