Record China

ヘッドライン:

日本人の夫の献身が奇跡を生んだ=3年の植物状態から中国人の妻をよみがえらせた愛―中国

配信日時:2011年10月10日(月) 17時8分
拡大
7日、重慶晩報は日本人の夫と中国人の妻の物語を紹介した。妻は交通事故で3年間も植物状態になったが、夫の愛情と手助けにより奇跡的に意識を取り戻したという。資料写真。
(1/4枚)

2011年10月7日、重慶晩報は日本人の夫と中国人の妻の物語を紹介した。妻は交通事故で3年間も植物状態になったが、夫の愛情と手助けにより奇跡的に意識を取り戻したという。

その他の写真

日本企業で働くエンジニアの佐藤さん(仮名)。04年に重慶市の鉄道建設プロジェクトのため、重慶市に赴任した。中国が話せない佐藤さんを通訳としてサポートしたのが鄒琴(ゾウ・チン、仮名)さん。これが2人のなれそめだった。

愛情を深め結婚を誓った2人。悲劇は結婚式の1カ月前に起きた。06年9月、自転車を盗んで慌てて逃げていた男が自動車と衝突する事故が起きた。はねとばされた男はその場に居合わせた鄒さんにぶつかった。

手術を経てどうにか命を取り留めた鄒さん。しかし意識は戻らなかった。主治医は「植物状態は免れられません」と無情にも宣告した。その日から佐藤さんの妻を励ます日々が始まった。休みのたびに重慶に出向き、忙しい時もCDに声を吹き込んで送った。

眠ったままの娘を見舞う佐藤さんに、鄒さんの父親は「別の幸せを探してください」と言ったが、佐藤さんは「希望があるかぎり、あきらめません」と申し出を断った。

転機が訪れたのは08年だった。幹細胞移植で植物状態から回復させる新たな医療技術があるという話を鄒さんの父親が聞いたのだ。佐藤さんもすぐに同意。09年3月に1回目の手術が行われた。そして6月、鄒さんの指がかすかに動いた。

知らせを聞いて日本から飛んできた佐藤さん、やさしく、しかし休むことなく妻の名前を呼び続けた。やがて鄒さんの指は動き始め、そして腕をあげ佐藤さんの顔を撫でた。佐藤さんは涙を流しながら、鄒さんと指をからませた。交際していた2年の間、いくどとなく繰り返してきた行為だった。鄒さんも泣き出した。懐かしい動きに彼女も夫がそばにいることを理解したのだった。

その後、鄒さんは2回目の手術を受け、回復が続いている。障害が残る体は家族の支えがなければ自由に動かすことはできない。だが、彼女は再び夫と会話できるようになった。今、鄒さんは言う。夫の子どもを生みたいのだ、と。(翻訳・編集/KT)

関連記事

新婚夫婦の寝室に見知らぬ人々が乱入……個性的な動画広告が話題に―中国

5日、ある1本の動画が話題を呼んだ。あるマンションの一室、ダブルベッドに寝ているのは新婚ムードたっぷりの夫婦。妻が夫を起こしていると、突然、見知らぬ人たちが部屋に乗り込んでくるというちょっと不思議な広告だ。写真は中国のマンション。

Record China
2011年7月7日 12時2分
続きを読む

ランキング