【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

まずは「やってはいけないこと」を覚えよう!違法行為を連発の中国人留学生に警告―米華字紙

配信日時:2011年9月21日(水) 14時11分
まずは「やってはいけないこと」を覚えよう!違法行為を連発の中国人留学生に警告―米華字紙
画像ID  295801
20日、米国へ留学する中国人留学生が年々増加しているが、両国間での法律や習慣の違いから知らず知らずのうちに違法行為を犯してしまうケースが多発している。写真は3月、北京で開かれた留学フェア。
2011年9月20日、米華字紙・僑報によれば、米国へ留学する中国人留学生が年々増加しているが、両国間での法律や習慣の違いから知らず知らずのうちに違法行為を犯してしまうケースが多発している。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

米国国際教育協会の統計データによると、2009〜2010年の外国人留学生数は69万923人。そのうち最多は中国人留学生で前年比30%増の12万7628人に上った。その内訳もこれまでは大学院生が圧倒的に多かったが、最近は低年齢化が進んでおり、中学や高校から留学するケースも増えている。

だが、これに伴い、米国の法律や留学先の学校の規則、現地の習慣に反してしまう学生も増加した。例えば、米国で飲酒可能な年齢は21歳からだが、それに達していないのにビールを飲んでしまったり、入国の際に1万ドルを超える現金を持ち込む場合は申告しなければならないのに申告せず全額没収されたり、免許が切れているのにこっそり運転して捕まったり―。

記事は、これから留学しようとする学生に対し、まずは現地の法律や習慣を知り「やってはならないこと」をきちんと把握するよう呼び掛けると同時に、現地の大学の中国人学友会に対しても、先輩留学生が新留学生をサポートするよう促している。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事