【募集中】韓国語社内スタッフ

アニメ映画、なぜ日本は2Dが多く、欧米は3Dが主流なのか?―中国

配信日時:2011年9月16日(金) 10時43分
アニメ映画、なぜ日本は2Dが多く、欧米は3Dが主流なのか?―中国
画像ID  295315
15日、「なぜ、日本のアニメ映画は2Dが多く、米国は3Dが多いのか?」という中国ネットユーザーの疑問に対する回答が中国のQ&Aサイトに掲載された。写真は8月、3Dアニメ映画「スマーフ」が上映された山東省の映画館。
2011年9月15日、「なぜ、日本のアニメ映画は2Dが多く、米国は3Dが多いのか?」という中国ネットユーザーの疑問に対する回答が中国のQ&Aサイト「知乎」に掲載された。以下はその内容。

その他の写真

米国で世界初のフル3DCGアニメーション映画が作られたのは95年のクリスマス映画「トイ・ストーリー1」。世界中が驚き、コンピュータアニメの魔力を思い知らされた。この時、ディズニーはまだ2Dの「ムーラン」(98年)を企画している段階。ドリームワークスも最初で最後の2Dアニメ「プリンス・オブ・エジプト」の制作に苦戦していた。

ドリームワークスが3D映画を初めて制作したのは「アンツ」の98年、ディズニーは2000年の「ダイナソー」だ。だが、ピクサーはこの時すでに3D作品で大ヒットを飛ばしていた。つまり、米国は2000年から完全に3D時代に突入したといえる。これと同時にディズニーのような手書きは急速に勢いを失っていった。

これが米国人のやり方なのである。新しいものが出来れば、古いものは何の躊躇もなくバッサリと切り捨てる。観客も制作側も同じ考え方だ。だが、日本は全く違う。3Dが幅を利かせることは決してない。日本人からすれば、「頭が非常に良い人が使うのがコンピュータ。私たちはそうではないので真面目に鉛筆を走らせるだけ」ということなのだ。

ここに2つの民族性の違いがある。米国人は開放的で新しもの好き。日本人は頑固で保守的だ。日本のアニメ人たちは鉛筆に対する愛が深い。どんな力もこの愛を揺り動かすことはできないのだ。日本では鉛筆こそがアニメのすべてなのである。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事