Record China

ヘッドライン:

我が軍の「軍事機密」、海外メディアが報じてもまだ「機密」はおかしいのでは?―中国紙

配信日時:2011年9月13日(火) 19時11分
拡大
12日、軍に関する情報は一切が機密扱いされている中国だが、すでに外国メディアによって公開された情報まで頑なに機密扱いするのはナンセンスだと論じた記事が中国紙に掲載された。写真は6月、済南軍区空軍によるミサイル演習。
(1/4枚)

2011年9月12日、中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」の軍事面担当編集者、馬俊(マー・ジュン)氏は、軍に関する情報は一切が機密扱いされている中国だが、すでに外国メディアによって公開された情報まで頑なに機密扱いするのはナンセンスだと論じた。以下はその内容。

その他の写真

「これは軍事機密ではないのか?」―。数日前、筆者は長崎県の佐世保港で「防衛白書」を見ながら、驚いた。そこには自衛隊基地の位置から部隊番号、連絡方法、武器の数や仕様まで事細かに書かれている。小さい頃から「軍に関することは一切が機密」だと教え込まれてきた筆者にとってそれはかなり衝撃的だった。これは日本人の機密保持意識が低すぎるのか?それとも、我々の考え方がすでに時代遅れなのか?

カナダの軍事専門誌「漢和防務評論」がしょっちゅうグーグルアースに映し出された我が軍の配備状況を報じているだけではない。我が軍の基本情報はすでに多くの海外メディアによって公開されている。それなのにこうした「軍事機密」をいつまでも機密扱いするのはいささかナンセンスではないだろうか。

さらに決まりが悪いのは、中国メディアはわざわざ海外メディアを引用する形で我が軍に関する情報を報じているのに、中国の軍事企業が海外の国防展に参加すると、国内向けより詳しい情報を外国人に明かしていることである。

英国のポーツマス海軍基地や横須賀海軍基地では、軍艦の一般公開は当たり前のイベントとなっている。沖縄に駐留する米海軍中尉によると、軍事基地は機密保持すべき部分だけ守り、あとは一般向けに公開した方が良いとのこと。その方が市民との距離が縮まり、国防教育にも役立つからだという。

国防の需要が増すにつれ、軍事費問題に対する圧力も大きくなっている。我が国も「軍事情報は民衆とは無関係」という考えを捨て、国内向けの軍事透明度を引き上げることで民衆の支持を取りつける必要があるのではないだろうか。(翻訳・編集/NN)

関連記事

米ステルスヘリの機密技術を中国が盗用の危険、ビンラディン殺害に使用か―英メディア

7日、ウサマ・ビンラディン容疑者の急襲に使われ、現場で爆破された米軍のヘリコプターがステルスヘリだった可能性が高く、その残骸が中国に渡ることに複数の英メディアが懸念を示している。写真はビンラディン容疑者の殺害作戦の様子を伝えるテレビニュース。

Record China
2011年5月10日 4時33分
続きを読む

中国人の個人観光解禁、旅行中の禁止事項に「演説や講演」「軍事区域撮影」など―台湾

28日、中国本土から台湾への個人旅行が解禁され、200人が台湾の土を踏んだ。台湾移民署はこれに伴って、旅行商業同業協会全国聯合会に対し、中国からの観光客に許可する行為と許可しない行為のリストを配布、各旅行会社などへ周知するよう求めた。写真は台湾。

Record China
2011年7月9日 6時8分
続きを読む

ランキング