Record China

ヘッドライン:

尖閣問題で日本が最も恐れる事態は中国本土と台湾の連携―日本人研究者

配信日時:2011年9月4日(日) 15時12分
拡大
2日、台湾・新北市で「第3回釣魚島(尖閣諸島)島嶼問題国際学術シンポジウムが開幕した。出席した日本人研究者が「日本が一番恐れている事態は中台が連携すること」と発言した。写真は中国初の空母の改装を担当した大連港。
(1/4枚)

2011年9月2日、台湾・新北市で「第3回釣魚島尖閣諸島)島嶼問題国際学術シンポジウムが開幕した。出席した日本人研究者が「日本が一番恐れている事態は中台が連携すること」と発言した。3日、環球網が伝えた。

その他の写真

日本人研究者として唯一出席したのが、学習院大学の中居良文教授。尖閣諸島問題で日本が一番恐れる事態は、中国本土と台湾、そして香港が一致団結して抗議することと指摘した。ただし、馬英九(マー・インジウ)総統は日本メディアの取材に対し、「尖閣問題に関して中国本土とは連携しない」と明言している。

コメンテーターの台湾・淡江大学米国研究所の陳一新(チェン・イーシン)教授は、尖閣抗議運動は、台湾が最初に動き中国本土が追随することもあれば、その逆の動きもあるとして、一定の連携があるとの見方を示した。また馬英九発言に関しては、「時限的なものであり、発言内容を永遠に守るということではない」と主張した。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<尖閣諸島>日米は共同で中国軍による強奪を防ぐべきだ―米シンクタンク

1日、米シンクタンク・プロジェクト2049研究所は「北東アジアの空軍発展動向」と題した報告書で、中国が武力行使で尖閣諸島を占領する可能性もあるとして、日米は共同でその準備をしておくべきだと指摘した。写真は6月、済南軍区空軍によるミサイル演習。

Record China
2011年9月3日 6時32分
続きを読む

<世論調査>日中ともに好感度が低下、尖閣諸島問題や福島原発事故が影響

11日、日本の非営利団体・言論NPOと中国日報社は、共同で行った「日中関係世論調査」の結果を発表した。日中関係は非常に重要だと認識されているものの、領土問題や原発事故が影響し、日中ともに相手国への好感度が低下した。写真は東日本大震災の被災地。

Record China
2011年8月11日 15時11分
続きを読む

ランキング