Record China

ヘッドライン:

<尖閣諸島>日米は共同で中国軍による強奪を防ぐべきだ―米シンクタンク

配信日時:2011年9月3日(土) 6時32分
拡大
1日、米シンクタンク・プロジェクト2049研究所は「北東アジアの空軍発展動向」と題した報告書で、中国が武力行使で尖閣諸島を占領する可能性もあるとして、日米は共同でその準備をしておくべきだと指摘した。写真は6月、済南軍区空軍によるミサイル演習。
(1/4枚)

2011年9月1日、米シンクタンク・プロジェクト2049研究所は「北東アジアの空軍発展動向」と題した報告書で、中国が武力行使で尖閣諸島を占領する可能性もあるとして、日米は共同でその準備をしておくべきだと指摘した。米華字サイト・多維新聞が伝えた。

その他の写真

報告書は、中国が経済発展と軍事力増強に伴い、領有権問題をめぐる態度もどんどん強硬になってきていると指摘。尖閣諸島問題についても同様で、武力行使で無理やり奪い取る可能性も依然としてあることから、日米は共同でその準備をしておくべきだとの見方を示した。

また、中国人民解放軍空軍の近代化が自衛隊と在日米軍に脅威を与えていると指摘。尖閣諸島が日本の行政管轄内にある限り、米国は日米安保条約に基づいて尖閣諸島を守るとした上で、この日米の同盟関係が中国の政策決定者に慎重な行動をとらせることになるとの考えを示した。

中国が武力行使に出た場合、日本は軍隊や戦闘機、駆逐艦や潜水艦などを派遣することになるが、まずは中国の侵入を防ぐため、絶えず目を光らせることが非常に重要になってくる、と報告書は指摘している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<世論調査>日中ともに好感度が低下、尖閣諸島問題や福島原発事故が影響

11日、日本の非営利団体・言論NPOと中国日報社は、共同で行った「日中関係世論調査」の結果を発表した。日中関係は非常に重要だと認識されているものの、領土問題や原発事故が影響し、日中ともに相手国への好感度が低下した。写真は東日本大震災の被災地。

Record China
2011年8月11日 15時11分
続きを読む

<尖閣諸島>日本は制御準備完了、それでも中国が優勢な理由は「ここが中国領である」事実―中国誌

28日、中国誌は、尖閣列島海域における日本の巡視体制などを紹介し、「日本は尖閣諸島を制御する準備をすでに終えた」と報じる一方で、それでも中国が優勢である最大のポイントは「尖閣諸島が中国領であるという事実」とした。写真は中国・浙江省の漁船群。

Record China
2010年9月30日 12時14分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング