Record China

ヘッドライン:

怒り再び!台湾映画「セデックバレ」の出品国表記、外交部が変更要求―ヴェネチア映画祭

配信日時:2011年9月1日(木) 11時50分
拡大
31日、第68回ヴェネチア国際映画祭に出品されている台湾映画「セデックバレ(賽徳克・巴莱)」(Seediq Bale)について、出品国の表記が再び問題にあがっている。写真は「セデックバレ」出演者たち。
(1/6枚)

2011年8月31日、第68回ヴェネチア国際映画祭に出品されている台湾映画「セデックバレ(賽徳克・巴莱)」(Seediq Bale)について、出品国の表記が再び問題にあがっている。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

この日開幕した第68回ヴェネチア国際映画祭は、来月10日までの日程で開催。「セデックバレ」はコンペティション部門にノミネートされ、1日午後(現地時間)に初上映が決定している。

同作については先月、映画祭公式サイトにおける出品国の表記問題が台湾で沸騰した。「中国台湾」(China、Taiwan)と書かれていることにネットユーザーたちが不快感を表し、ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督も「まるで性的暴力を受けたようだ」と怒りのコメント。製作会社が映画祭主催側に抗議を申し入れた。

しかし映画祭がスタートしてみると、「中国台湾」でさえなく、新たに「中華台北」(Chinese、Taipei)表記になっていることが明らかに。台湾外交部のスポークスマン・章計平氏によると、「中華民国」または「台湾」に変更するよう「主催側への要求を続ける」と話している。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング