Record China

ヘッドライン:

中国中央電視台が百度を猛バッシング=ネットユーザーは「どっちもどっち」と冷めた反応―中国

配信日時:2011年8月21日(日) 18時4分
拡大
19日、北米華字ニュースサイト・多維ニュースは、中国中央電視台(CCTV)による中国検索サイト最大手・百度のバッシング問題について報じた。写真は8月、国際礼品贈答品・家庭用品展。
(1/4枚)

2011年8月19日、北米華字ニュースサイト・多維ニュースは、中国中央電視台(CCTV)による中国検索サイト最大手・百度のバッシング問題について報じた。

その他の写真

15日から18日にかけ、CCTVの主要番組は百度を批判する報道を次々と流した。この影響を受け、百度の株価は急落している。批判の内容は「虚偽サイト、詐欺サイトの広告を受け入れている」というもの。08年にもやはり百度の広告システムが不正サイトを受け入れているとCCTVが批判。1カ月で株価が40%も下落する騒ぎとなった。

もっとも百度の不正を追及するCCTVも真っ黒じゃないか、というのが中国ネットユーザーの冷めた見方だ。メラミン汚染粉ミルク問題では「安全との検査結果が出た」とデタラメな報道をしたり、あるいは大連のデモを隠蔽したように事実を隠したりと、CCTVも百度もどっちもどっち。同じようにブラックだとの声が広がっている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

百度など14サイト、楽曲違法ダウンロードで処分へ―中国

25日、中国文化部はインターネット検索国内最大手の「百度(バイドゥ)」など14社のサイトが利用者に楽曲を違法にダウンロードさせていたとして、各地の担当部門に調査・処分するよう指示した。写真は「百度」のウェブサイトからMP3にコピーする若者。

Record China
2011年4月26日 16時46分
続きを読む

中国検索サイト・百度、ハッカー被害で米企業を提訴=「法的根拠ない」と反論―中国紙

22日、中国の最大手検索エンジン・百度が、12日に発生したハッカー攻撃によるサイトへのアクセス不能事件に関連し、ドメイン登録会社レジスター・ドットコム社を提訴した問題で、レジスター社は21日、「百度の訴えには法的な根拠がない」と反論した。

Record China
2010年1月22日 23時19分
続きを読む

ランキング