Record China

ヘッドライン:

韓国の大気汚染は中国のせい?汚染対策効果なし、矛先がまた中国に―中国メディア

配信日時:2018年1月18日(木) 23時20分
拡大
韓国・ソウル市はスモッグを軽減する目的でラッシュ時間の公共交通機関利用料金を無料にする措置を始めたが、効果はあまりあがっていない。不満の矛先は再び中国に向けられている。写真は北京の大気汚染。

2018年1月17日、環球網によると、韓国・ソウル市はスモッグを軽減する目的で、マイカー通勤を抑制するため15日からラッシュ時間の公共交通機関利用料金を無料にする措置を始めたが、効果はあまり上がっていない。不満の矛先は再び中国に向けられている。

韓国紙・中央日報によると、バスや地下鉄を無料にするための費用は1日当たり60億ウォン(約6億円)。市民からは、これだけまとまった額の公的資金なら、経済的に苦しい人々への支援や環境保護などに使うべきではないかとの声も多く聞こえるという。

各地の地方政府で政策がまとまっていないことも市民の不満を招いている。ある市民は、ソウル市と京畿道は同じエリアにもかかわらず政策が一致しておらず、待遇にも差を感じると述べた。

専門家は、車両の通行量を減らすことは汚染対策の方向としては間違っていないとするが、ソウル市だけでは予期した効果を上げるのは難しいとし、中国から流入するスモッグに対して首都圏全体の自治体が連携し、国レベルで対応すべきだと指摘した。

また、韓国紙・朝鮮日報によると、ある議員はソウル市の対策は適切ではないとし、「スモッグの50%は中国から流れてきている。原因を明確にしなければ解決法は見つからない」と指摘している。(翻訳・編集/岡田)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

韓国の海に廃水をこっそり捨てて中国に逃げ帰った貨物船、1カ月の追跡の末検挙=韓国ネット「韓国の法律が弱いことが知られてるんだね」

19日、韓国南部、全羅南道・麗水海洋警備安全署は、先月17日に麗水市梧桐島付近の海上に船底廃水780リットルを密かに捨て中国に逃走した貨物船を1カ月の追跡の末に捕らえたと明らかにした。写真は麗水の港。

Record China
2017年6月20日 12時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング