<中国人観光客が見た日本>母との二人旅、温泉で昔話に花咲く

配信日時:2018年1月27日(土) 12時20分
<中国人観光客が見た日本>母との二人旅、温泉で昔話に花咲く
画像ID  922874
日本を訪れた中国人観光客がこのほど、その時の思い出を自身のブログにつづっている。母との日本旅行はとても満足できるものだったようで、今後も毎年、母を連れて各地を旅することに決めたという。
日本を訪れた中国人観光客が、その時の思い出を自身のブログにつづっている。母との日本旅行はとても満足できるものだったようで、今後も毎年、母を連れて各地を旅することに決めたという。以下はその内容。

その他の写真

宿の部屋に戻り、香り豊かな青色の浴衣を着込み、着替え用の竹カゴを抱え、母を連れて公衆浴場へと向かった。日本の更衣室はとても清潔だ。浴槽の脇には体を洗うための席があり、そこで洗ってから湯船に浸かる。中国の公衆浴場とはだいぶ異なる。壁には温泉の成分や効能が書かれている。入浴後は肌がすべすべになりクリームは要らない。心もリラックスできて美容にも良い。今回の旅では毎晩、宿に戻る時間がどんなに遅くなっても温泉に20分間浸かることにした。

名古屋から高山まで約2時間半、背の高い建物が少しずつ消え、雪で覆われた高速道路や山並みが現れた。カメラを手に窓の外の景色を撮り始めた人たちはたぶん、自分も含めて大雪があまりない国から来た人たちなのだろう。見渡す限り真っ白な景色は、まるでナルニア国に来たようで、北へ行けば行くほどその魔法の目的地が楽しみになった。

雪はますます強くなり、方角も分からなくなりそうだ。荷物を持って歩けそうもない。バスから降りたところにある店で、飛騨牛乳と清酒、おつまみなどを買い込み、ようやく宿へと向かった。

チェックインすると、2階にあるとても眺めのいい部屋を案内された。窓を開けると、外の空気はとても冷たく、新鮮な木の香りも一緒に運んできた。積もった雪に指で触れるととても冷たかった。部屋の暖房はとても暖かく、母とお茶を飲みながらのんびりと過ごした。

料理は宿代に含まれていたが、飛騨牛のほか、魚料理に茶碗蒸し、お刺身にさまざまな小鉢と、種類の多さに驚かされた。すべて食べきれなかったが、大食いの母が一緒だったのは運が良かった。

食事を終えて部屋に戻ると、テーブルが片付けられ布団が敷かれていた。和風の部屋に泊まるのは初めてなので、母は少し驚いたようだった。他の宿泊客がほとんどいなかったので、温泉はほぼ貸切状態だった。雪が肩にひらひらと落ちてくる。熱い湯に浸かっていると清々しい気持ちになった。至福の時間だった。母と昔話に花が咲いた。子どものころシラミ駆除のため頭を剃り上げたこと。中学の時、教師に反抗し罰として掃除をさせられたこと。昔の思い出は大切にしたい。これからは毎年必ず、母と旅行しようと決めた。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事