ボールじゃなくて人間にキック炸裂、女子もやっぱりカンフーサッカー―中国

Record China    2011年7月24日(日) 16時28分

拡大

22日、中国全国女子サッカーリーグ戦・長春華信大衆クラブ対江蘇華泰クラブの一戦が行われたが、途中、選手同士の小競り合いが起き試合が中断される事態となった。写真は7月18日、長春対天津の一戦。

(1 / 3 枚)

2011年7月22日、中国全国女子サッカーリーグ戦・長春華信大衆クラブ対江蘇華泰クラブの一戦が行われたが、途中、選手同士の小競り合いが起き試合が中断される事態となった。23日、新華網が伝えた。

その他の写真

前半終了間際のこと。長春の宋岩庄(ソン・イエンジュアン)選手がペナルティーエリアで倒されたところで、主審はPKを宣告。これに江蘇はホームよりのジャッジだと抗議。一時は試合をボイコットする構えも見せた。

いざこざが再燃したのは後半のこと。宋選手がファールで江蘇の朱佳選手を倒したことがきっかけとなった。怒った朱選手はボールを宋選手に向かって蹴り、2人はもみ合いに。宋選手のキックが入り、朱選手が倒れるなどの騒ぎとなった。両チーム、ピッチの選手はもちろん、控えや監督まで飛び出し、試合は3分間にわたり中断された。(翻訳・編集/KT)

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携