台湾が不満表明=中国、インドにある抗日遠征軍共同墓地の観光地化を提案―米華字メディア

配信日時:2018年1月17日(水) 14時50分
台湾が不満表明=中国、インドの抗日遠征軍共同墓地の観光地化を提案
画像ID  918833
16日、米華字メディアの多維新聞は、中国がインド東部にある「抗日遠征軍烈士共同墓地」の観光地化に意欲を示したことに、台湾が不満を表明したと伝えている。資料写真。
2018年1月16日、米華字メディアの多維新聞は、中国がインド東部にある「抗日遠征軍烈士共同墓地」の観光地化に意欲を示したことに、台湾が不満を表明したと伝えている。

記事によると、中国の馬占武(マー・ジャンウー)駐コルカタ総領事らは12日、ジャールカンド州にある「中華民国駐インド軍ランガル共同墓地」を訪れ、さらに地元政府関係者らと会談し、共同墓地の観光地化を正式に求めた。

これに対し、台湾の台北駐インド経済文化代表処の田中光代表は15日、「共同墓地に埋葬されている『国軍将士』は、『中華民国』政府が英国軍に協力するためインドに派遣した将士だ。共同墓地の修築、保守、管理は、台湾がインド政府の同意を得て行っている」と説明した上で、「これらは事実であり、改ざんや歪曲(わいきょく)は許されない」と不満を表明した。さらに「歴史を尊重し史実に忠実な人々がこの共同墓地を訪れ、国軍将士の英霊を敬い、歴史をしのぶことを歓迎する」とも述べた。

太平洋戦争期間中、中国は米英と同盟し、「中国遠征軍」を当時英国領だったビルマ(現ミャンマー)へ派遣した。中国のコルカタ総領事館のホームページでは「1942年から45年まで前後して約10万人の中国抗日遠征軍兵士がランガルで訓練し戦闘態勢を整え、強大な戦闘力を持つ軍隊となり、日本軍の侵略作戦への抵抗反撃で輝かしい軍功を挙げた」と紹介している。資料によると、共同墓地は現在667基あり、多くが無名烈士で、40人の名前だけが判明している。共同墓地が所在する地域はインド国防省の管轄で、近年は現地の華僑華人らが修繕を行ってきたという。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/01/17 20:49)

    >『国軍将士』は、『中華民国』政府が英国軍に協力するためインドに派遣した将士だ 英国はインドを植民地にしていたのに、日本だけが『侵略者』と呼ばれることが納得できない。白人の国ならアジアを植民地にしても許されるが、同じアジアの国だと侵略になるようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/01/17 20:25)

    埋葬されているのは国民党軍の兵士で共産党軍とは敵同士。戦争に敗れて生滅の危機に瀕して長征と称して、中国南部から北部のソ連国境近くの延安まで逃走、兵力は1/3に激減した。 戦争が終わるまで隠居生活し、日本軍との戦争で疲弊した国民党軍との内戦で中国の支配権を握った。敗戦時に日本軍の兵器を接収して日本兵を共産党軍に編入、軍医や従軍看護婦まで厚遇して、内戦を勝ち抜いた。 毛沢東が日本軍に感謝したのも当然だろう。延安に日本軍感謝碑でも建てて観光資源にした方が歴史に沿っている。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事