Record China

ヘッドライン:

岩井俊二監督が最新作「ヴァンパイア」PR、好きな中国人監督はチアン・ウェン―上海国際映画祭

配信日時:2011年6月17日(金) 13時59分
拡大
1/4枚
2011年6月16日、開催中の第14回上海国際映画祭で、岩井俊二監督が最新作「ヴァンパイア」をPRした。新華網が伝えた。

その他の写真

映画「Love Letter」や「リリイ・シュシュのすべて」などで中国でも知名度&人気が非常に高い岩井俊二監督は、第14回上海国際映画祭のアジア新人賞部門に審査委員長として出席。16日、現地で行われた最新作「ヴァンパイア」の上映会にも出席した。

今年3月には東日本大震災の影響で、第35回香港国際映画祭への参加を急きょとりやめたが、今回の上海には無事出席し、中国のファンを喜ばせている。

中国映画について聞かれると、特に強い印象を受けた作品は、第二次大戦下の日本兵を描いたチアン・ウェン(姜文)監督「鬼が来た!」だという。香川照之が主演し、2000年の「カンヌ国際映画祭」で審査員特別グランプリに輝いた同作だが、題名に驚かされたものの、特に好きな中国映画の一つ、と語っている。

好きな監督についても、チアン・ウェンの名前を挙げた岩井監督。全編英語の「ヴァンパイア」はカナダで撮影されたが、いずれ中国の映画人ともこういった形で仕事がしてみたい、と今後の抱負を語っていた。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング