【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

台湾から中国に輸入の食品、「中国台湾地区」と書かなければ廃棄―台湾メディア

配信日時:2018年1月17日(水) 10時20分
台湾から中国に輸入の食品、「中国台湾地区」と書かなければ廃棄
画像ID  909849
16日、観察者網によると、中国当局はこのほど、台湾で生産された食品について、パッケージに「中国台湾地区製」と表されていなければ輸入を禁止する措置を開始したようだ。資料写真。
2018年1月16日、観察者網によると、中国当局がこのほど、台湾で生産された食品について、パッケージに「中国台湾地区製」と表されていなければ輸入を禁止する措置を開始したようだ。

シンガポール華字紙・聯合早報が、台湾メディアの報道を引用して伝えた。台湾企業の「小美アイスクリーム」董事長の呂明炎(ルー・メイエン)氏によると、これまで少なくとも3種類の台湾製食品が「パッケージに『中国台湾地区製』と書かれていない」ことを理由に、中国の税関当局に没収され、廃棄されたという。

呂氏によると、国民党政権時には「中国台湾」と書かれていれば中国への輸出へ可能だった。しかし、今では「中国台湾地区」、「台湾地区」と明記されていない場合、通関を拒否されるケースが相次いでいるという。これまでに福建省の平潭、アモイ、大嶝の主要税関3カ所で確認されたとのこと。製品は没収、廃棄されるため損失が膨らんでいると話している。

台湾与党・民進党の関係者によると、中国当局は最近、経済分野での締め付けを強化し、台湾に圧力をかけるケースが目立っているという。(翻訳・編集/大宮)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事