韓国はすでに中国に抜かれた?韓国大企業CEOらが中国の技術力に「ショック」=韓国ネット「井の中の蛙だった」「韓国が競争力を失ったのは…」

配信日時:2018年1月17日(水) 17時20分
韓国はすでに中国に抜かれた?韓国大企業CEOが中国の技術力に驚き
画像ID  909688
16日、韓国メディアによると、米国ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市CESを訪れた韓国企業の最高経営責任者(CEO)が中国企業の技術力を目の当たりにして“中国ショック”に陥っている。資料写真。
2018年1月16日、韓国・中央日報によると、米国ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市CESを訪れた韓国企業の最高経営責任者(CEO)が中国企業の技術力を目の当たりにして“中国ショック”に陥っている。

韓国の財閥LSグループの具滋烈(ク・ジャヨル)会長の足が中国ドローンメーカー「DJI」の前で止まった。DJIは自撮りカメラ用小型ドローンから農業・救命用の超大型ドローンまで、半年ごとに新製品を披露してきた。具会長は「中国は先端技術分野はもちろん、全ての産業ですでに韓国を追い越した」とし、「LSもグループの主力事業である電力・自動化分野では中国を脅威ではなく、(市場拡大への)チャンスの(ある)場所にしなければならない」と強調した。

また、SKテレコムの朴正浩(パク・ジョンホ)社長も中国の技術進化を直接見た感想を「モバイル分野で韓国は中国にすでに遅れをとった」と述べている。同社長は「ロング・ターム・エボリューション(LTE)の導入以降、中国は(韓国に)先行しているが、(韓国が中国を追い越すことができる)時間はあまり残っていない」とし、「海外企業が韓国製の半導体を使い多くの利益を得ているため、(韓国の)半導体がよく売れるからと喜んではいられない」と危機感を示した。さらに「以前は情報技術(IT)といえばインドを挙げたが、今は中国が先行している」とし、「(業界の)規制が少ないことが、中国がここまで成長できた理由」と語った。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「韓国企業は技術にこだわらず、利益さえ出れば何でもいいというスタンスだから駄目なんだ」「韓国が競争力を失ったのは現実に安住する巨大企業の社員のせいだ」「井の中の蛙(かわず)だったということ」など自国や自国企業に対する厳しい意見が寄せられた。

また「当然だろう。全てにおいて数が違うのだから」と、人口など中国の規模の大きさに言及する声も見られた。

その他「中国のことを下に見ていたけど、そのうち中国人の下で働くことになりそうだな」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • やまざ***** | (2018/03/12 07:43)

    知らなかったー! トップの人達が言っている言葉なので真実なのでしょう。 どっちが上でも日本は関係ないのでは? 技術力に関しては、彼らより優れているのは事実で、 日本は、それを生かしきれない社会体制に問題があると思います。 世界で初めてブルーLEDを発明した人も海外に行ってしまいました。 要するに、 日本の技術はどんどん海外に流れて、 それをうまく利用して成功した企業が、 たまたま韓国の企業だっただけで、 このような結果は、当然と言えば当然の結果ですね。 盗んだ技術で成功しても、 それは、当然長続きする事はないですし、 地道にがんばってきた他社に抜かれるのは、 当たり前の事でしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2018/01/18 11:12)

    自称、「天才集団」なのにねえ? 全く、この韓国人と言う人種には笑える。 「ほとんどの分野で日本を追い越した。 2020年にはGDPも越す。 日本は、沈没するのみ」と、ほざく韓国人。 「日本の技術、科学、匠の精神、民度は決して追い越せない。 日本を侮ってはいけない」 と、つぶやく中国人。 その中国人が、「すべての産業で韓国は追い越した」と、 嘲笑っている。 では、中国・韓国・日本の順か? 国際特許出願件数、 100年以上の企業、 日本が発明した商品、 ノーベル賞受賞者は、 日本が圧巻であろう。 日本から盗んだ技術でここまで大きくなったが、 発想力も乏しいこいつらには、発明品は生み出せない。 政府やメディアの嘘を真に受け、 反日にだけ精を出し、 「冷静に現実を直視する能力」に極端に欠けている韓国人は、 この先、こいつらが見下している国に どんどん抜かされて行くだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2018/01/17 23:08)

    > 全ての産業ですでに韓国を追い越した 中国は韓国を追い越すことはできません。 なぜなら、上位の選手は最下位の選手を追い越すことができないからです。 (トラック競技で周回遅れになる場合を除く)
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事