Record China

ヘッドライン:

中国外交部、尖閣問題について日本側の申し入れは受け入れず―中国メディア

配信日時:2018年1月16日(火) 19時0分
拡大
中国外交部の陸慷報道官は15日の定例記者会見で釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について、日本側のいわゆる申し入れは受け入れないと述べた。

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は15日の定例記者会見で釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について、日本側のいわゆる申し入れは受け入れないと述べた。

【記者】日本政府は10、11両日に釣魚島接続水域に進入した潜水艦が中国海軍のものだったことを、すでに確認した。日本外務省は先週金曜日、程永華(チョン・ヨンホア)駐日中国大使に抗議した。これについてコメントは。

【陸報道官】すでに中国国防部報道官が当時の現場の状況について詳しく述べた。私も先週、釣魚島問題における中国政府の立場を表明した。

あなたの言う潜水艦の状況について、私は把握していない。だが釣魚島問題について、日本側のいわゆる申し入れを中国側が受け入れることはないということは言える。

釣魚島問題における中国側の立場は明確であり、釣魚島及びその附属島嶼は中国固有の領土だ。この立場に基づき、すでに中国側は日本艦艇が中国の釣魚島接続水域に進入したことについて厳正な立場を表明した。

われわれは日本側に対して、釣魚島問題でもめ事を引き起こすのを止めるよう求める。2014年の4つの原則的共通認識の精神に従い、中国側と同じ方向に向かい、両国関係の改善と発展のために実際の行動で努力するよう求める。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本と中国が海底でも命名戦―英紙

15日、英紙フィナンシャル・タイムズ中国語版は「日中が“水面下の命名戦”を展開」を掲載した。海底地形の命名で日本は過去2年間で97件を申請している。これに肉薄しているのが91件の中国だ。資料写真。

Record China
2018年1月16日 12時50分
続きを読む

ランキング