ビビアン・スーの自腹出資も話題、映画「セデックバレ」が9月公開―台湾

配信日時:2011年6月1日(水) 11時58分
ビビアン・スーの自腹出資も話題、映画「セデックバレ」が9月公開―台湾
画像ID  285069
31日、台湾の“霧社事件”を描く映画「セデックバレ(賽徳克・巴莱)」が、今年9月に前・後編作品として上映される。写真は魏徳聖監督(左)とビビアン・スー(右)。
2011年5月31日、台湾で発生した“霧社事件”を描く映画「セデックバレ(賽徳克・巴莱)」が、今年9月に前・後編作品として上映される。聯合報が伝えた。

その他の写真

「セデックバレ」は、08年に「海角七号/君想う、国境の南」で台湾映画史上最高のヒットを飛ばした魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の最新作。1930年に発生した台湾原住民による“霧社事件”を描いている。出演している人気女優ビビアン・スーが、資金不足に悩む同作のため自腹を切ったことでも話題だ。

台湾では、今年9月9日に前編「賽徳克・巴莱:太陽旗」が、同30日に後編「賽徳克・巴莱:彩虹橋」が公開予定。台湾だけで興行成績11億台湾ドル(約31億円)を目指しており、海外への版権販売は1000万米ドル(約8億円)を目標にしている。

なお、海外版については、プロデューサーとして参加しているジョン・ウー(呉宇森)監督が編集を担当し、2時間半の特別バージョンとして制作されている。ウー監督は映画「レッドクリフ」が国際的にヒットした上、ハリウッドでの経験も豊富。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事