中国のアニメ映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」が日本で高い評価―中国紙

配信日時:2018年1月17日(水) 18時40分
中国のアニメ映画が日本で高評価―中国紙
画像ID  905896
16日、武漢晨報は、「孫悟空が再び日本を征服」と題し、中国アニメ映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」が日本で高い評価を得ていると伝えた。
2018年1月16日、武漢晨報は、「孫悟空が再び日本を征服」と題し、中国アニメ映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」が日本で高い評価を得ていると伝えた。

中国で大ヒットした同作「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」は、日本では13日に劇場公開された。中国では2015年に公開され、9億5000万元(約162億円)の興行収入となり、中国国産アニメ映画史上最大のヒット作となった。記事は、「日本の映画評論サイトで高い評価を得ている」と伝えている。

記事は日本のネット上での評価から、「日本人がこの映画に注目しているのには二つの理由がある」と分析。その一つが、「アニメ大国として、日本人は9億5000万元もの興行収入を達成した中国アニメがいかにすごいのかを見てみたいこと」、もう一つは、「宮崎駿監督の息子である宮崎五郎監督が、日本語吹き替えを監修したこと」にあるとした。

日本のユーザーの具体的なコメントとして「当初、(同作を)評価してはいなかったものの、期待せずに見たら非常に驚いた。他の国とは全く異なる独特の世界観と面白い映像が見られた」との評価が寄せられていると紹介した。一方で、「90分弱という長さではストーリーが物足りない。もう一歩というところで惜しい」と、いまいちだというコメントも寄せられたそうだ。ただ、記事はこうした意見について「続編への期待の表れ」とみているようだ。

記事は、「孫悟空が再び日本を征服した」と言える理由について、1964年に日本で公開された中国のアニメ映画「大暴れ孫悟空」も、日本で大ヒットし、日本アニメに大きな影響を与えたからだと指摘。その後、中国アニメは長らく低迷したものの、「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」の成功や、アニメ映画「大世界」(原題は好極了)がベルリン国際映画祭コンペティション部門にノミネートされたことを考えると、中国アニメの未来は明るいだろうと結んだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<