Record China

ヘッドライン:

日本の大学生がつくった「元BC級戦犯」韓国人のドキュメンタリー、韓国ネットで話題に=「素晴らしい」「日本には謝罪し続ける心が必要」

配信日時:2018年1月16日(火) 12時30分
拡大
15日、韓国メディアによると、日本の大学生たちが日本統治時代に捕虜監視員として動員され、戦後に「BC級戦犯」として処罰された韓国人のドキュメンタリーを制作した。資料写真。

2018年1月15日、韓国・KBSによると、日本の大学生たちが日本統治時代に捕虜監視員として動員され、戦後に「BC級戦犯」として処罰された韓国人のドキュメンタリーを制作した。

東京で14日、日本の大学生たちが制作したドキュメンタリー映画の試写会が開かれた。映画は「戦後補償に潜む不条理―韓国人元BC級戦犯の闘い」とのタイトルで、日本統治時代に捕虜監視員として動員された後「BC級戦犯」として処罰された在日韓国人の李鶴来(イ・ハンレ)さんの人生が描かれている。法政大学国際文化学部の鈴木靖教授が指導する学生たちが制作した。

李さんは17歳だった1942年に日本によって捕虜監視員としてタイに送られ、戦後の裁判で死刑宣告を受けた。その後に減刑され出所したものの、「日本国籍者ではない」との理由で日本政府の戦争犠牲者補償対象から除外され、これに関する法制化運動を行ってきた。

新聞を通じて李さんの存在を知った学生たちは昨年9月、関連資料を集めて李さんにインタビューを行い、ドキュメンタリーを制作したという。

制作に参加したある学生は「死んだ仲間たちの無念をはらして名誉を回復させたいという(李さんの)言葉が心に残っている」と感想を述べた。別の学生は「正直、日本人はいつまで謝罪を続けなければならないのかと考えていたが、目を向けなければならないことに気付いた」と述べた。ドキュメンタリーを見た李さんは「年の離れた若者に私の考えが伝わったと思う」との感想を伝えたという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本も一般市民の中には良心的な人がいるんだね」「安倍晋三首相よりもはるかに素晴らしい」「日本政府と日本市民は違う」「彼らは愛国の本当の意味を知っている」「彼らのような人がいるから日本をむやみに批判できない」「彼らのような日本人がもっと増えてほしい」など、学生たちに好意的なコメントが寄せられている。

その他「日本から“ちゃんとした謝罪”を受けたい」「日本にはドイツのように謝罪し続ける心が必要だ」などと主張する声も。また「このような日本人はごく少数だろう」「一部のすることを日本全体の動きと勘違いしてはいけない」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本人の83%が「韓国の慰安婦追加要求を拒否すべき」、調査結果に韓国ネットが落胆「日本人たちの良心はどこへ?」「許しを得られる機会なのに」

15日、慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意について、韓国政府からの追加措置の要求に応じられないとした安倍晋三首相の方針を「支持する」と考える日本人は83%に上ることが分かった。写真は日本に謝罪を求める韓国人元慰安婦。

Record China
2018年1月15日 16時20分
続きを読む

日韓慰安婦合意、文政権の新方針に「引っかき回したあげく矛盾した対策」「前後合わない弥縫策」と韓国紙

日韓慰安婦合意をめぐり、問題の真の解決にならないとしつつも、破棄や再交渉はしない文在寅政権の新方針。曖昧な結論を韓国紙は「引っかき回したあげく矛盾した対策」「前後合わない弥縫策」などと批判している。写真はソウルの日本大使館前にある慰安婦関連の掲示物。

Record China
2018年1月13日 6時30分
続きを読む

日韓市民が強制徴用問題の解決を訴え「日韓共同財団の設立を」=韓国ネット「必要なのは謝罪」「日韓関係にはまだ希望がある」

31日、韓国メディアによると、韓国と日本の市民団体が韓国の最高裁判所に対し、戦時中に日本に徴用された韓国人労働者への法的な補償問題に対する判断を迅速に下すよう求めたことが分かった。写真は韓国の「戦争と女性の人権博物館」。

Record China
2017年5月31日 12時0分
続きを読む

ランキング