テニス全豪オープン、中国産ミネラルウォーター販売し批判浴びる―中国メディア

Record China    2018年1月16日(火) 10時20分

拡大

オーストラリアのメルボルンで15日開幕したテニスの4大大会今季第1戦、全豪オープンで販売されているミネラルウォーターが、中国ブランドのものであることに批判の声が出ているという。資料写真。

2018年1月16日、中国メディアの環球網によると、オーストラリアのメルボルンで15日開幕したテニスの4大大会今季第1戦、全豪オープンで販売されているミネラルウォーターが中国ブランドのものであることに批判の声が出ているという。

記事によると、地元メディアは「トーナメント初日を観戦したテニスファンは、販売されたボトル入り飲料水が自国の製品ではなく、中国の深センから出荷された『ガンテン・ウォーター』だったというショックをSNS上に書き込んでいる」と伝えている。

SNS上では「なぜ世界で最も汚染が深刻な国の一つからミネラルウォーターを輸入するのか」「メルボルンにも良いボトル入り飲料水がある」「これがおかしいと感じるなら、缶詰の製造元を見るといい。オーストラリア国内のマクドナルドで使われている調味料も中国製だ」などの声が上がっているという。

これに対し、大会の主催団体は声明で「全豪オープンは国際的なブランドとの長いパートナーシップの歴史を持つグローバルなイベントであり、(衣類チェーン店の)カントリーロードなどオーストラリア国内のブランドとも提携している。ガンテン・ウォーターは、テニスやスポーツの主要なイベントと提携しているプレミアムブランドだ。(イタリアのサッカー名門クラブの)ユヴェントスともスポンサー契約を結んでいる」と説明。「全豪オープンは今後も、グローバルリーチとパートナーシップを拡大し、オーストラリアのあらゆるレベルでテニスを普及させていく」と表明した。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携