汚職官僚ランキングが話題に、トップはなんと500億円の不正―中国

配信日時:2011年5月7日(土) 23時16分
汚職官僚ランキングが話題に、トップはなんと500億円の不正―中国
画像ID  282804
6日、財新網が発表した中国汚職官僚ランキングが話題となっている。写真は汚職額6位にランクした元上海電気董事長の王成明。
2011年5月6日、財新網が発表した中国汚職官僚ランキングが話題となっている。中国網が伝えた。

その他の写真

先日、李華森(リー・ホアセン)元山東省日照市出入境検験検疫局党組書記に無期懲役の一審判決が下された。約1億5800万元(約19億7500万円)の横領、収賄、乱用が認定された。天文学的な金額となったが、これでも歴代汚職官僚トップ10には入らないという。

不正金額歴代トップの汚職官僚は元中国銀行広東開平支店長の余振東(ユー・ジェンドン)。40億元(約500億円)もの金額を横領、乱用していた。以下、ずらりと汚職官僚が並ぶが、10位の元中国人民解放軍海軍副司令長官の王守業(ワン・ショウイエ)でも1億6000万元(約20億円)を収賄。李華森は200万元(約2500万円)差でトップ10圏外となった。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事