Record China

ヘッドライン:

「第13回台北映画祭」ノミネート発表、低迷脱出=秀作が続々登場―台湾

配信日時:2011年5月5日(木) 17時1分
拡大
4日、第13回台北映画祭のグランプリ「百萬首奨」のノミネート作品発表会が行われ、シルビア・チャン、ディラン・クォらが出席した。
(1/6枚)

2011年5月4日、第13回台北映画祭のグランプリ「百萬首奨」のノミネート作品発表会が行われ、監督・女優のシルヴィア・チャン(張艾嘉)、俳優のディラン・クォ(郭品超)らが出席した。中央広播電台網が伝えた。

その他の写真

今年で13年目を迎える台北映画祭は、台湾映画の発展を鼓舞するために創設された映画賞。長編作品、短編作品、ドキュメンタリー、アニメなど部門賞が設けられ、今年は約200本が応募作品として集まった。この中からグランプリに相当する「百萬首奨」に計44本がノミネートされ、発表会にはシルヴィア・チャンやディラン・クォらが出席した。

ノミネート作品には、昨年の台湾版アカデミー賞こと「金馬奨」で最優秀作品賞に選ばれた「当愛来的時候」はじめ、人気作家・九把刀が監督デビューした自伝映画「那些年、我[イ門]一起追過的女孩」など話題作が続々。ここ数年は「モンガに散る」「海角七号 君想う、国境の南」など、国際的に評価の高い秀作を生み出している台湾映画だが、映画祭主席を務めるシルヴィア・チャンは、これまで約20年間も低迷を続けた台湾映画界と近年の明るい兆しを語り、「今後もあきらめず努力を続けたい」と話している。

注目の台北映画祭は6月24日から7月8日までの日程で、台北市内で開催が予定されている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング