Record China

ヘッドライン:

北京初の国際映画祭、最優秀作品賞に「唐山大地震」―中国

配信日時:2011年4月29日(金) 13時52分
拡大
28日、第1回北京国際電影季のなかで第18回北京大学生電影節が行われ、「唐山大地震―想い続けた32年―」が最優秀作品に選ばれた。
(1/8枚)

2011年4月28日、北京初の国際映画祭・第1回北京国際電影季のなかで第18回北京大学生電影節が行われ、「唐山大地震―想い続けた32年―」が最優秀作品に選ばれた。捜狐網が伝えた。

その他の写真

ジャッキー・チェンチャン・ツィイーがイメージキャラクターを務めた北京初の国際映画祭・北京国際電影季はこの日閉幕を迎え、最大注目イベントの映画賞・北京大学生電影節の授賞式を開催。中国の映画人たちが毎年熱い視線を送る同賞だが、今年はフォン・シャオガン(馮小剛)監督の「唐山大地震―想い続けた32年―」が最優秀映画賞に選ばれた。

1976年に中国・河北省唐山市で発生し24万人の犠牲者を出したとされる唐山大地震を描いた同作は、昨年中国で公開され史上最高のヒット作に。日本でも3月に公開が決まっていたが、東日本大震災に配慮して延期が決定された。

また、最優秀主演俳優賞は「趙氏孤児」のグォ・ヨウ(葛優)、最優秀主演女優賞は「ブッダ・マウンテン」のファン・ビンビン(范冰冰)が受賞。昨年の東京国際映画祭でも最優秀女優賞を獲得したビンビンだが、「前回よりもっとうれしい」と、大学生映画ファンの熱い支持へ感謝を示した。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

中国で観客動員最多を記録した“催涙弾映画”が日本公開へ―家族愛謳う「唐山大地震」

1976年7月に中国河北省唐山市を襲った唐山地震。24万人が犠牲になったこの大地震によって引き裂かれた家族の運命を描いた映画「唐山大地震」は中国で史上最多の観客動員を記録。号泣する観客が続出したため“催涙弾映画”とも呼ばれている。

Record China
2011年3月8日 7時26分
続きを読む

ランキング