Record China

ヘッドライン:

<コラム>「食べ残しはだめ」食品の浪費に全力を挙げる中国

配信日時:2020年9月13日(日) 12時0分
拡大
8月半ば、習近平・中国共産党総書記が食糧の節約についての指示を出してから、中国の公式メディアは食事の面での節約を呼びかけた。写真は中国のレストラン。

8月半ば、習近平・中国共産党総書記が食糧の節約についての指示を出してから、中国の公式メディアは食事の面での節約を呼びかけた。

インターネット上にアップされていた、吐きながら大食いする動画は削除され、他のネットユーザーから批判の的になった。

「食べ残しゼロ」運動は第18回党大会以降もあり、レストランではハーフサイズなども出された。今回改めて食糧の節約について呼びかけられたが、それは穀物輸入の減少が背景にあると言われているが、改革開放の「負の遺産」の処理という面もあると私は思う。

「モノは溢れるほどある」

食べ物を大切にしなくなった中国人

改革開放前は計画経済で、人々は自分の食べたいものをすぐに手に入れることはできなかった。また、毛沢東晩年の時代は、経済建設よりも革命運動の方に重点が置かれ、経済が停滞していた。改革開放後はそういう状況が一変し、人々は金さえあれば、欲しいもの、食べたいものを手に入れることができるようになった。中国で大学入試が復活してから大学に入った中国人は、「大学に入って期待していたことは、勉強もそうですが、ご飯が食べられることでした」と私に語った。彼の言葉は、改革開放前とその後の中国人の食事に対する態度の変化を表していると思う。

改革開放から40年。中国の市場にはモノが溢れ、消費者の所得も増えた。そのため、食べ物を残すということに、さほど抵抗を感じない人が、特に若い世代に多くなったのではないかと思う。

中国での留学生活を始めたばかりの時、学生食堂で注文したラーメンのボリュームに驚いた。量的には日本のラーメンの二杯分はあったと思う。これは食べ切れないなと思っていると、一緒に食べていた日本人留学生は「別に残せばいいじゃないか。中国は浪費の国なんだから」と言った。「浪費の国」とはやや言い過ぎの感はあるが、現に、周りで食べていた中国人学生も平気で残していたので、そうなのかなと当時は納得した。

私の小さい頃、食事を残すと「もったいないお化け」が出るというCMが放映されたこともあり、学校の給食や家の食事でも、「残すともったいないお化けが出るよ」とよく言われた。だから、出されたものを残すと、相手に悪いような気がして、外で食べる時でも残さないようにする。それは中国での生活を始めてからも同じだったためか、お腹周りがたっぷりしてしまった。

食堂で食べていた中国人学生はモノが豊富な改革開放の中で育ったので、残すことには抵抗がなかったのだろう。ある女子学生は、トマトと卵の炒め物の丼を食べていたが、上の具だけを食べて残りのご飯には全く手をつけていなかった。器用な食べ方をしたなと感心した。

中国では外で食べる場合、残すのが普通というようなことを留学前に聞いていたし、私と一緒に食事に行った中国人の友人も、普通に残していたので、残せばいいんだと思っていた。

「外では浪費、内では節約」

家族との食事では食べ残しはNG

だが、その考えが一面的だったことをその後実感させられた。2002年、留学先の大学院で勉強していた頃、留学生向けの必修科目の授業に出ていたが、同年冬頃、リーダー役の韓国人留学生が年配の中国人の担当教員を招いた食事会を行った。参加人数は20人を超えており、しかも今よりも物価が安かったため、料理をガンガン注文した。結果、当然のことながら、食べ残してしまった。私たちが解散しようとすると、年配の中国人教師の「待ちなさい。食べ物を残すとは何事です」という厳しい声が飛んだ。その中国人教員は「私たちの若い時は、食料がなくて困っていたのです。食べ切れなかったら、持って帰るのです。いいですね」と言った。教員の近くにいた私は、「ほら、あんたも持って帰りなさい」と言われ、料理をいくつか持って帰ることになった。

内輪で食事に行く場合は、完食するようにするようだ。結婚したばかりの時、妻の親戚と顔合わせのために食事したが、その時はたくさんの料理が並んだ。多分残すんだろうなと思っていたら、ある年配の親戚が「食べ残しはいかんぞ。若いやつはもっと食え」と言って、みんな手分けして食べ、すっかり完食していた。

食べ物を粗末にしない中国人だが、外では違うようだ。中国人はお客をもてなす時、食べ切れないほどのご馳走を出す。中国と接点のある読者は、一度は中国人の“接待攻勢”を受けたことがあると思う。

中国人と結婚してから、よく妻の親戚の家で食事するようになった。ある親戚の家で酒を飲んだ時、締めに牛肉ラーメンをご馳走になった。その時の私は日本スタンダードが頭にあり、残してはいけないと思って全部平らげた。すると、相手はすっとお代わりを出してきた。散々飲んだり食べたりした後のラーメンだったので、食べられるわけもなく、凍ってしまった。すると、妻に「あのね。全部平らげるってことは足りないってこと。中国に長くいてそんなことも知らなかったの」と呆れ顔で言われ、赤面した。

食べられるだけ注文するのはケチ?

浪費してまで接待する中国人

内輪の食事では食べ物を無駄にしない中国人だが、お客をもてなす時に、たくさんの料理を出すという習慣は考え直す必要があるだろう。日本の場合は、先にいくつか頼んで、足りなかったら追加する形をとる。このやり方は、食べ物も無駄にならないし、もてなされる方も気が楽だ。

だが中国スタンダードで見ると、日本スタンダードでの接待は相手にケチだとみられるそうだ。なぜなら、もてなされる方も、ホストの懐具合を考え、満足していなくても何も言わないので、相手が満足するまで料理をどんどん出す方が誠意ある接待というのだ。

2011年秋頃、私はIT会社を経営している中国人の友人に頼まれて、日本人の同業者の社長の接待を手伝ったことがあるが、会食は中国式のたくさん料理を出すものだった。会食に参加したのは私を入れて4人だったが、明らかに私たちが食べ切ることができない量だった。

ホスト役の中国人社長が席を外している時、日本人社長はぽつりと言った

「4人なのに、これだけボンボン出してくるってのは、メンツなんでしょうね。日本だと、みんなが食べられるくらいの量を頼むのにね」。

この社長の言葉には、ここまでするのはやり過ぎではないかという不満の気持ちが込められていることは否定できない。

中国人と酒を飲むときも、相手が飲める人とわかると、「乾杯攻勢」で次々と酒を飲ませてくる。それは何も相手をうんざりさせるためでなく、歓迎の気持ちを伝えるためだ。それはお客を歓迎するための会食についても同じことが言える。

ただ、今はこういうやり方も変化していると私は思う。ある若い中国人研究者と食事に行ったとき、ある程度の量の料理を出してから、追加するかどうか聞き、テーブルの料理がなくなったら、もうお腹いっぱいですかと聞いてくる。私のような歳になると、ガンガン物を食べるよりも、これだという美味しいものをいくらか出してくれる方が、気が楽だし、体重増加を気にする必要はない。

今、中国は外国から色々な価値観が入ってきており、外国経験が長い人も多くなってきているため、「新しい常識」ができつつある。それは食事の浪費についても同じことが言える。

■筆者プロフィール:吉田陽介
1976年生まれ。福井県立大学大学院卒業後、中国人民大学国際関係学院博士課程で学ぶ。北京で日本語教師として教鞭をとり、2012~2019年に中国共産党翻訳機関の中央編訳局で党の指導者の著作などの翻訳に従事。2019年9月よりフリーライターとして活動。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング