<中国・珠玉の景観>土と木の要塞住宅・客家円楼(下)―福建省

Record China    2007年1月14日(日) 22時57分

拡大

重厚な外観を持つ客家円楼の内部は一体どうなっているのか。入り口をくぐると生活感あふれる光景が広がり、その変わりように驚く人も多いはずだ。

(1 / 3 枚)

かつて華北から南下し、福建省や広東省などに定着した客家(はっか)の人々が、外敵から身を守るために作り上げた巨大な集合住宅・土楼。丸い形をしたものは円楼と呼ばれるその興味深い建築の、今回は内部の写真をご紹介する。

その他の写真

円楼は空から見ると、ドーナツのようなリング型をしている。内部は吹き抜けになっており、中央の広場には井戸や小屋があったり、大小のお堂(観音様や祖先をまつる)が建てられていたりする。大体3階〜5階建てで、ひとつの家族はいくつもの部屋を所有し、1階は炊事場で、2階は倉庫、3階以上で就寝するというパターンが多いようだ。外観の重々しい印象とは異なり、円楼内部では子どもが遊び家畜が走り回り、洗濯物や収穫物が吊るされ、人々の話し声がこだましている。生活感あふれる居住空間となっているのが印象的だ。

<中国・珠玉の景観>シリーズでは、これからも中国の人と歴史、自然が作り出した美しい名所の写真を、説明つきでお届けしていく。

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携