Record China

ヘッドライン:

義援金2.7億円、チャリティー番組にジャッキー・チェンら―香港

配信日時:2011年4月2日(土) 11時30分
拡大
1日、東日本大震災向けの救援チャリティーイベントが香港で行われ、ジャッキー・チェンなど200人を超えるスターが登場した。
(1/8枚)

2011年4月1日、東日本大震災向けの救援チャリティーイベントが香港で行われ、香港や日本から多くのスターが登場した。新報が伝えた。

その他の写真

芸能人による非営利組織・香港演芸人協会は1日、香港・ビクトリアパークで救援チャリティーイベント「愛心無国界 311燭光晩会」を開催。約3時間のテレビ放送で200人を超えるスターが募金を呼びかけ、番組終了時点で2506万9175香港ドル(約2億7000万円)が寄せられた。

この日のイベントには、発起人で準備のため多忙な2週間を過ごしたジャッキー・チェン(成龍)のほか、アンディ・ラウ(劉徳華)、エリック・ツァン (曾志偉)、アーロン・クォック(郭富城)、日本からは深刻な被災地となった宮城県出身の中村雅俊、岩手県出身の千昌夫、アグネス・チャン、ジュディ・オングが登場。韓国からは俳優クォン・サンウやガールズユニットのWonder Girlsが出席した。

香港ではドラマ「俺たちの旅」などでよく知られている中村雅俊は、アーロン・クォックと一緒に同ドラマ主題歌を広東語と日本語で披露。ラストは被災地を激励するために作られたイベントソング「不要輸給心痛(=悲しみに負けないで)」を全員で合唱し、日本へ熱いエールを送った。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング