1日に捨てられるプラスチック容器は6000万個!中国の「出前ブーム」が巻き起こす新たな問題―英紙

Record China    2018年1月16日(火) 10時50分

拡大

12日、英紙タイムズによると、中国では食品の出前や宅配サービス拡大を受け、プラスチック製のパックやトレーなどのごみが急増し、社会問題となっている。

2018年1月12日、英紙タイムズによると、中国では食品の出前や宅配サービス拡大を受け、プラスチック製のパックやトレーなどのごみが急増し、社会問題となっている。1日に約6000万個のプラスチック容器が捨てられているという。参考消息網が伝えた。

中国でスーパーマーケットでのレジ袋提供が禁止されて10年。新たにごみ処理の敵となっているのは、食品の宅配で使われるパックやトレー、弁当容器などだ。1日に約2000万食が宅配サービスで家庭などに届けられているとみられ、約6000万個の空き容器が捨てられていると推測される。

中国で16年に使われたプラスチック製の袋は140億枚、梱包用のテープは約3億3000万個。いずれもリサイクルされず、ごみ処理場に直行している。ごみ対策として北京市は今月初め、国外からのプラスチックごみの輸入を禁止。自国内で発生するプラスチックごみの処理に力を入れる方針を示している。(翻訳・編集/大宮)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携