Record China

ヘッドライン:

福島原発の放射性ヨウ素、中国に飛来=微量のため健康被害の懸念なし―黒竜江省

配信日時:2011年3月27日(日) 11時15分
拡大
26日、黒竜江省東北部で大気からごく微量の放射性ヨウ素131が検出された。日本の福島原発から飛来したものと見られる。写真は中国で実施されている放射性物質の測定。
(1/4枚)

2011年3月26日、黒竜江省東北部で大気からごく微量の放射性ヨウ素131が検出された。日本の福島原発から飛来したものと見られる。新華網が伝えた。

その他の写真

福島原発の放射性物質漏出問題を受け、中国では観測態勢が強化されている。26日には黒竜江省東北部で放射性ヨウ素131が検出された。しかしその量はきわめて微量で、自然の放射線量の10万分の1にも満たないレベル。健康に影響を与える可能性はないという。

中国では世界気象機関(WMO)、国際原子力機関(IAEA)北京地域環境緊急対応センター、国家海洋局、中国環境保護部核安全局が合同で、放射性物質の観測と分析を実施。福島原発問題が中国に与える影響を監視している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング