<速報>気象衛星「風雲2号D」から初の衛星写真を受信

配信日時:2007年1月13日(土) 16時38分
<速報>気象衛星「風雲2号D」から初の衛星写真を受信
画像ID  55674
昨年12月8日に打ち上げに成功した気象衛星「風雲2号D」から、初めて地球の衛星写真が送信され、受信に成功した。
2007年1月12日の午後2時、指導センターが指令を送り、気象衛星「風雲2号D」が衛星写真の送信を開始した。24分後、中国気象局は「風雲2号D」から初めて衛星写真の受信に成功した。これを見ると画質はかなりよく、地表を覆う雲がきれいに映っている。

その他の写真

気象衛星「風雲2号D」は昨年12月8日、四川省西昌(シーチャン)衛星発射センターから、キャリアロケット「長征3号甲」に載せて打ち上げられた。この「風雲2号D」と、それ以前に打ち上げられた「風雲2号C」の気象衛星からの2つの画像を合わせると、地表の立体的な観測が実現できるという。

「風雲2号D」は、中国航天科技集団会社に所属する上海航天科技研究院が中心となって開発した。どんな天候の場所でも、地球の気象の連続的な観測が可能だという。衛星は高さ1.6m(アンテナを含むと3.1m)、直径2.1mの円柱体をしており、重さは1.39t。中国の気象局が利用する。

衛星の打ち上げ時、総設計士である上海航天技術研究院の李卿(リーチン)研究員はメディアの取材に対し、『気象衛星「風雲2号D」には、2008年北京オリンピックの気象を観察するという重要な任務がある。万全の態勢でオリンピックへのサービスを提供する』とコメントした。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事