東日本大震災で中国人研修生26人の安否不明―日本

Record China    2011年3月19日(土) 17時50分

拡大

18日、中国商務部は東日本大震災に関し、中国人研修生26人と連絡が取れていないことを明らかにした。写真は岩手県大船渡市の水産会社で働いていた山東省日照市からの研修生。

(1 / 4 枚)

2011年3月18日、中国商務部は、東日本大震災で深刻な被害を受けた地域に滞在していた中国人研修生2万2670人のうち、26人と連絡が取れていないことを明らかにした。19日付で人民日報サイト・人民網が伝えた。

その他の写真

中国対外承包工程商会の統計によると、18日午前10時(日本時間同11時)現在、宮城、福島、岩手、茨城、千葉、東京など深刻な被害を受けた10地区に滞在していた中国人研修生は2万2670人。現在すでに連絡が取れているのは2万2644人で、依然として残りの26人とは連絡が取れていない。

商務部は関連企業に対し、引き続き中国大使館との連絡を維持するとともに、あらゆる方法を使って連絡が取れていない研修生の捜索を続けるよう要求している。(翻訳・編集/HA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携