「食塩買い占め騒動」の背景、中国人はなぜデマを信じたのか―英メディア

配信日時:2011年3月19日(土) 12時49分
「食塩買い占め騒動」の背景、中国人はなぜデマを信じたのか―英メディア
画像ID  278440
17日、英メディアは、中国各地で食塩の売り切れが続出した原因について分析した。写真は17日、江蘇省連雲港市の食塩メーカー。相次ぐ品切れを受け、急ピッチで製造、出荷を行っている。
2011年3月17日、英紙フィナンシャル・タイムズの中国語版ウェブサイトは、中国各地で食塩の売り切れが続出した原因について分析した。以下はその概略。

その他の写真

16日の午後あたりから、中国各地で2つのデマが広がった。1つ目は福島第1原発の放射能漏れ事故で海水がひどく汚染されるため、今後生産される食塩は安全ではなくなること、2つ目は食塩に含まれるヨウ素が放射線被曝の予防効果があるということだ。これらのデマを信じた人々が慌てて食塩を買いに走り、あっという間に店頭から消え去った。

笑いが止まらないのは食塩の製造・販売業者だ。記者の知り合いは昨晩、臨時に5トンの食塩を作ったところ、翌日の朝早くにはすべて売り切れ、一気に3万元(約37万円)以上稼いだと言っていた。

実は頭をよく働かせて考えれば、事態がそこまで深刻でないことくらい分かるはずだ。仮に食塩が被曝を予防するとしても、何袋消費すれば効果が得られるのだろうか。しかも、ヨウ素の取り過ぎは甲状腺機能を低下させるなどの弊害があることが医学的に証明されている。

要するに、ここ数日の食塩の買い占め騒動は▽デマのせい▽売り手側があおった結果▽投機家が喜ぶ現象が見られた―という結論を出しても良いだろう。では、なぜ彼らはここまで理性を失ってしまったのか?そこには、文化、管理、社会の3要素が複雑に絡んでいる。

中国人は昔から自分の頭で考えず、群集心理に陥りやすいという傾向がある。たとえ少しおかしいと感じていても「みんなが買うなら自分も買っておいて損はない」という考えが働くらしい。

中国人が自分の頭で考えないのは、奴隷社会から封建社会、そして今に至るまで、ずっと「抑えつけられた状態」に置かれていたことと関係がある。命令や通知に従い、周囲と歩調を合わせるという習慣が刷り込まれているのだ。

現代中国社会には「信用」が著しくかけている。国民は政府すら信用していない。今回のような問題が発生した場合、通常はまずは落ち着いて自分の頭で考え、専門家や政府が発信した情報を聞いた上でどう行動するかを考える。だが、中国では違った。なぜなら、人々は自分の目の前のことしか信じないからだ。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事