Record China

ヘッドライン:

日本の震災、中国版ツイッターの「エール」に見る反応―中国

配信日時:2011年3月15日(火) 15時47分
拡大
13日、東日本大地震と津波による被害の模様が伝えられたことで、中国でも「微博」(中国版ツイッター)で多数の人が被災者に対し早期復興を願うエールを送る言葉をつぶやいている。写真は中国・安徽省で日本の家族や友人の安否を祈る中国残留日本人の女性。
(1/4枚)

2011年3月11日、東北地方の太平洋沖を震源に発生した東日本大地震と津波による被害の模様が伝えられたことで、中国でも「微博」(中国版ツイッター)で多数の人が被災者に対し早期復興を願うエールをつぶやいている。13日付でフィナンシャル・タイムズ中国語版が伝えた。

その他の写真

中国の投資銀・易凱資本有限公司(China eCapital Corporation)のCEO・王冉(ワン・ラン)氏や、香港の衛星TV局・フェニックステレビの劉春(リウ・チュン)氏、インターネット作家の和菜頭(ホー・ツァイトウ)氏らを始めとする多くの知識人も含め、多数の人が今回の地震について「天災を目の当たりにし、人として感じるとこは皆同じだ」という点で共通してした思いを持っている。いずれも日本の被災者へのエールを送り、早期の復興を願う言葉をつぶやいた。

現代史を専門とする研究者・許紀霖(シュー・ジーリン)氏は、「日本留学中のある学生の話。日本人は話に聞いたほど完璧ではないし、時々いやになることもあったが、今回の震災に際し、日本人はきわめて信頼に値する存在だと思い知らされた。建物は頑丈で報道は迅速で正確、コンビニには商品が途切れることなく、略奪行為などもなかった」とし、「同じような状況に置かれたときは、日本のようにありたい」とつぶやいた。

科学誌「新発見(仏誌Science & Vie中国語版)」の編集長を務める厳鋒(イエン・フォン)氏は、「今回の震災での教訓を未来の全人類に残すため、地震への対応や救助活動について注視している」とつぶやいている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング