Record China

ヘッドライン:

<上野パンダ>いっそマツコ・デラックスの方が?!約8割が「賃料8億円」に疑問―東京

配信日時:2011年2月23日(水) 11時30分
拡大
21日、TOKYO MXの看板番組「5時に夢中!」が「8億円払ってでも上野動物園にパンダは必要?」というアンケートを実施したところ、「必要ない」が8割近い圧倒的な多数だった。写真は木曜日の「5時に夢中!」出演者。
(1/2枚)

2011年2月21日、東京圏の地元テレビ局TOKYO MXの看板番組である夕方の情報番組「5時に夢中!」が放送時間中に「8億円払ってでも上野動物園にパンダは必要?」という視聴者アンケートを実施したところ、「必要」427ポイントに対して「必要ない」が1542ポイントと8割近い圧倒的な多数が否定的な回答を寄せた。

その他の写真

番組では、「必要ない」理由の代表として「高いレンタル料金は私たちの税金です。そんなにしてまで借りる気が知れない」という視聴者の声が紹介された。政治的に微妙なコメントは登場しなかったが、昨年来の尖閣問題でかつてなく冷え切った日本人の対中感情が人気者パンダの来日に影を落としている可能性もある。

同局には東京都も出資しており、回答者の多くが都民とみられる。石原慎太郎知事も昨年7月の会見で「どうでもいいよ、そんなものは。ちっともかわいいと思わないし」と突き放していただけに、今回のパンダ受け入れは上野の地元と都庁官僚主導とみられているが、少なくともその費用対効果についてMXの視聴者ははっきりNoを突きつけた。

いま人気のコラムニスト、マツコ・デラックスとともにこの日の「5時に夢中!」でコメンテーターを務めた株式トレーダーの若林史江氏は「(上野のパンダって)そんなにテンションが上がるようなこと?あたし毎日パンダみたいな人(マツコ)と一緒に(放送を)やっているから…。いらないんじゃないのって思っちゃう」とクールにコメント。この日は紹介されなかったが、10年契約で約8億円払うなら、いっそ人気沸騰中のマツコさんに上野に詰めてもらったら、という声も聞かれそうだ。(文章/NK)

関連記事

何億人もの中国人が借金地獄に…、そうだ、あたしも行こう!?プロミス進出で、中村うさぎ―東京

23日、コラムニストの中村うさぎさんは、消費者金融大手のプロミスが対中進出することについて、「私のような地獄に何億人という中国人が落ちて行くんだなあと思うと感慨深い」とコメントした。写真はプロミスの新イメキャラのアンジャリア・チャン(陳嘉宝)。

Record China
2010年6月25日 14時41分
続きを読む

ランキング