Record China

ヘッドライン:

中国、暴動やデモの発生は平均5日に1回、倍々ゲームで増加中―仏メディア

配信日時:2011年2月22日(火) 22時48分
拡大
20日、中国では近年、暴動やデモなどの群衆事件が毎年10万件以上起きている。昨年は平均5日に1回発生、その9割以上が都市部に集中している。写真は1月、給与未払いや不当解雇への不満が書きなぐられた貴州省の企業経営者の高級車。
(1/4枚)

2011年2月20日、中国では近年、暴動やデモなどの群衆事件が毎年10万件以上起きている。昨年は平均5日に1回発生、その9割以上が都市部に集中している。仏国営ラジオ局「RFI」(ラジオ・フランス・アンテナショナル)が伝えた。

その他の写真

今年1月9日、湖南省と四川省出身の農民工(出稼ぎ農民)十数人が出稼ぎ先の広州で未払い給与の支払いを求めるスローガンを書いた横断幕を掲げ、当局に訴えた。こうした光景は中国各地で頻繁に見られる。中国経済の繁栄は、数億に及ぶ農民工の搾取の上に成り立っているといえよう。そして、インフレや物価高騰が民衆にさらなる苦痛を与えている。

中国では社会の矛盾が深まるにつれ、集会、デモ、ストライキなどの群衆事件が頻発するようになった。05年に発表された「社会青書(白書)」によれば、1993年から2003年の間に群衆事件の発生件数は1万件から6万件にまで増加、参加人数も307万人に達している。

これ以降、中国政府は群衆事件に関する数字を公表していないが、国家行政学院公共行政グループの竹立家(ジュー・リージア)主任は06年からの4年間でその発生件数は倍増したと話す。具体的な数字は明かされなかったが、「社会青書」の数字と増加の平均速度から考えて、昨年は少なくとも18万件の群衆事件が発生していると考えられる。

また、交通大学が発表した「2010年中国危機管理年度報告」によれば、昨年世論への影響が大きいとされた事件は前年比2割増の72件発生。平均すると5日に1回は発生している計算になる。その内訳は「司法・法の執行」関連が18.1%、「災害・事故」が15.3%。地域別では河南、北京、湖北、広東が多かった。発生地域は29省(市・区)に及んだ。

また、第一報がマイクロブログを始めとするインターネットを通じて発せられた事件は67%に達した。事件の33%はその日のうちに広まっていた。記事は、こうした事件は今後も倍々ゲームで増えていき、最終的には北アフリカのような大噴火が起きるとの見方を示している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ネットに「中国のジャスミン革命起こそう」の呼びかけ=13都市が候補地、解放軍は厳戒―中国

20日、未来への夢を抱く中国人よ、指定された場所に集合されたし―。「中国のジャスミン革命」と名付けた集会の開催がインターネットを通じて呼び掛けられた北京、上海など13都市ではこの日、当局による厳戒態勢が敷かれた。写真は事件現場の様子。

Record China
2011年2月21日 11時38分
続きを読む

胡主席、中国版ジャスミン革命を警戒、「ネット管理の強化」を指示―米華字紙

19日、中国の胡錦濤・国家主席は、中国共産党の幹部養成機関で開かれた「社会管理」をテーマとしたセミナーで重要講話を発表し、「インターネットの管理を強化すべき」との姿勢を強調した。写真は1月、北京の天安門広場を自動二輪でパトロールする警察官。

Record China
2011年2月21日 18時43分
続きを読む

ランキング