2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

メラミンの次は「革牛乳」が問題に、毒性強く死に至る場合も―中国

配信日時:2011年2月17日(木) 18時57分
メラミンの次は「革牛乳」が問題に、毒性強く死に至る場合も―中国
画像ID  275728
12日、中国農業部は通達を出し、牛乳の品質検査を実施するサンプルの30%に「皮革たんぱく粉」の有無を調べる検査を実施するよう求めた。写真は09年3月、安徽省品質技術監督局でメラミン検査を見学する地元の消費者。
2011年2月12日、中国農業部は通達を出し、牛乳の品質検査を実施するサンプルの30%に「皮革たんぱく粉」の有無を調べる検査を実施するよう求めた。16日付で米華字ニュースサイト・多維新聞が伝えた。

その他の写真

2008年に多数の乳幼児に健康被害を与えた粉ミルク事件で「メラミン」に対する取り締まりが強化された中国で、今度は牛乳に混ぜられた「皮革たんぱく粉」が人々の健康を脅かしている。その存在が初めて指摘されたのは2005年のこと。当時の呉儀(ウー・イー)副首相の指示のもと、一旦は消えたはずだったが、2009年3月に浙江省のメーカーが生産した乳製品から再び検出され、社会を震撼させた。

「皮革たんぱく粉」は古い皮革製品や動物の体毛を溶かして粉状にしたもので、メラミン同様、乳製品のたんぱく質含有量を多く見せることができる。毒性の強い「六価クロム」の1種の重クロム酸カリウムや重クロム酸ナトリウムが含まれ、人体に吸収されると体内で分解されずに蓄積し、関節肥大などの中毒症状を起こす可能性がある。死に至ることもあるという。

中国農業部はまた、サンプルのすべてにメラミン検査を実施するほか、発がん性の強いかび毒であるアフラトキシンM1や鉛の含有量を調べる検査も実施するよう求めている。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事