2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

労働時間が長い国ランキング、2位は韓国、1位は?―米メディア

配信日時:2018年1月16日(火) 7時50分
労働時間が長い国ランキング、2位は韓国、1位は?
画像ID  881820
世界で最も労働時間が長い国はメキシコで、韓国がそれに続いた。日本は9位だった。
2018年1月14日、中国メディア・騰訊(テンセント)によると、労働環境や休暇、労働者の心理状態、出勤時間などは国によって千差万別だと伝える記事を米誌フォーブスが掲載した。

経済協力開発機構(OECD)の統計では、労働時間が最も長い国はメキシコで、年平均2246時間働いている。2番目に長いのは韓国で、年平均2113時間だ。韓国政府は労働時間短縮に力を入れているが、雇用の不安定さや残業の常態化などを原因に、OECD加盟国の平均よりも347時間も労働時間が長くなっている。

3〜10位はギリシャ(2042時間)、チリ(1988時間)、ロシア(1978時間)、トルコ(1832時間)、米国(1779時間)、イタリア(1725時間)、日本(1719時間)、カナダ(1691時間)となっている。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事