携帯電話ユーザーが8億人を突破、“8つ目の生活必需品”に―中国

配信日時:2011年1月8日(土) 15時9分
携帯電話ユーザーが8億人を突破、“8つ目の生活必需品”に―中国
画像ID  272119
7日、中国の携帯電話ユーザーは人口の7割にあたる8億人を超えていることが分かった。写真は南京の携帯電話ユーザー。
2011年1月7日、中国の携帯電話ユーザーは人口の7割にあたる8億人を超えていることが分かった。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

香港理工大学応用社会学部、中国社会科学院研究学研究所、北京大学社会学部が「携帯電話と社会」に関して調査する合同チームを結成し、大連、上海、広州、蘭州、成都、南寧の6都市で数年にわたる調査を実施した。

中国で第1世代の携帯電話サービスが始まったのは1987年。当時のユーザー数はわずか300人ほどだったが、1998年から2007年の10年間に毎年平均7%増を記録。今では8億人を超えるまでになった。このペースで増え続ければ10億人突破も時間の問題とみられる。

中国社会科学院社会所の沈崇麟(シェン・チョンリン)研究員によると、年齢構成も下は8歳から上は89歳までと幅広い。中国ではよく「7つの生活必需品」として「柴米油塩醤酢茶」(薪、米、油、塩、味噌、酢、茶)という言い方があるが、沈研究員は「携帯電話は中国人の暮らしに欠かせない8つ目の生活必需品になったと言って良い」と指摘している。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事