Record China

ヘッドライン:

立ち退き料や住宅ローン優遇目当ての「偽装離婚」が激増―中国

配信日時:2011年1月8日(土) 12時33分
拡大
6日、中国で偽装離婚が激増している。住宅ローンの優遇や立ち退き料など目的は様々だが、中には相手が再婚に応じないなどのトラブルで殺人事件に発展するケースもある。写真は10年9月、南京で立ち退き料目当てに離婚手続きに押し寄せた数百組の夫婦。
(1/4枚)

2011年1月6日、中国で偽装離婚が激増している。住宅ローンの優遇や立ち退き料、子どもを名門校に入れるためなど、その目的は実にさまざま。だが、「一時的な離婚」のはずが、相手が再婚に応じなかったり、勝手に別の相手と再婚したりといったトラブルも多く発生、殺人事件に発展したケースもある。法制日報が伝えた。

その他の写真

浙江省嘉興市で起きた「偽装離婚」を発端とした殺人事件。結婚5年目の若い夫婦が「離婚すれば二軒分の立ち退き料がもらえる」として偽装離婚に踏み切った。だが、実はこの夫婦、もとから仲が悪かった。賭け事好きで家中の金を使いはたしてしまう夫に妻は愛想を尽かしていたのだ。妻は「立ち退き料が入ったら再婚する」と約束していたが、目的を果たした途端、“元夫”に冷たくあたるようになった。そして昨年6月、怒り狂った夫は匕首(あいくち)を持って妻の実家に押し掛け、妻とその母親を刺殺した。

住宅ローンの優遇を受けるために偽装離婚する夫婦も多い。中国では昨年から2軒目以降の住宅を購入する際、住宅ローンの優遇が受けられなくなった。だが、離婚して書類上別世帯になれば問題ない。“財産分与”で住宅を相手に譲った方が新たに住宅を購入すれば、1軒目扱いが受けられるというわけだ。昨年11月に大手不動産サイトで行われたアンケートでは64%がこうした裏ワザを「自分も試したい」と答えた。

だが、偽装離婚を前提とした“財産分与”で相手に渡した財産が戻ってこなくなるリスクもある。一時的な離婚のはずが気付いたら相手が勝手に再婚していたというケースも珍しくないからだ。そのため、記事は「偽装離婚にはヒトもカネも失うというリスクが伴う」と警告している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

上に政策あれば下に対策あり、政府の不動産バブル抑制策に市民は「偽りの離婚」で対抗―中国

4月30日、不動産バブルの懸念が伝えられるなか、中国政府はこのほど抑制策を打ち出した。しかし「上に政策あれば、下に対策あり」と言われるのが中国。なんと離婚してまで抑制策を回避する裏技を使う人がいるという。写真は南京市の不動産交易センター。

Record China
2010年5月2日 7時17分
続きを読む

ランキング