Record China

ヘッドライン:

フェイスブック、中国上陸なるか=カギはネット検閲受け入れ―米華字メディア

配信日時:2010年12月28日(火) 11時56分
拡大
25日、米華字ニュースサイト・多維ニュースは、記事「『フェイスブック』が中国の特色あるインターネットの自由に挑戦する」を掲載した。写真は22日、中国ポータルサイト大手・新浪網を訪問したザッカーバーグ氏。
(1/3枚)

2010年12月25日、米華字ニュースサイト・多維ニュースは、記事「『フェイスブック』が中国の特色あるインターネットの自由に挑戦する」を掲載した。以下はその抄訳。

その他の写真

先日、ソーシャルネットワーキングサービス世界最大手フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が中国を訪問した。中国検索最大手・百度、携帯電話キャリア・中国移動のトップと相次いで会談。念願の中国進出に向けて動き出したと見られる。

現在、フェイスブックは中国語インターフェースを開設しているが、中国からはアクセスできないよう規制されている。政府がメディアを世論のコントロールツールとしている中国では、ネットメディアの規制が可能かが認可の焦点となる。フェイスブックは中国の特色あるネット文化に対応することが求められているが、グーグルなど他の米国企業よりは受け入れの余地が大きいと記事は指摘している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング