大手企業もニセモノ販売!?中国ネットショッピングサイトの現状―中国メディア

配信日時:2010年12月16日(木) 21時41分
大手企業もニセモノ販売!?中国ネットショッピングサイトの現状―中国メディア
画像ID  269918
15日、毎日経済新聞は「タオバオに大量の海賊版『アグ・ブーツ』=管理体制の不備との指摘」を掲載した。中国ネットショッピングサイト最大手・タオバオで有名ブランドのニセモノが販売されているという。写真は杭州市のタオバオ本部。
2010年12月15日、毎日経済新聞は「タオバオに大量の海賊版『アグ・ブーツ』=管理体制の不備との指摘」を掲載した。

その他の写真

先日、「大型ネットショップで偽商品販売」との記事が報じられた。その中には中国ネットショッピングサイト最大手・タオバオで販売されている、有名ブランド「アグ」のブーツも含まれている。

アグ中国の広報担当者によると、正規の販売店は北京、瀋陽、上海の計4店舗しかなく、正規の契約を交わした代理店も存在しないという。しかしタオバオ上で「アグ、正規品、2010」などのキーワードで検索すると、100ページ以上もの関連製品が表示される。きわめて低価格で販売されている品も存在する。

アグ中国の広報担当者は「値段だけでは見極めはできない。製品のタグやナンバーなどをチェックするしかない」と海賊版を見極める方法の難しさを認めた。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事