外資系ホテルの狙いは「二線都市」へ、内需を狙う―英メディア

配信日時:2010年12月17日(金) 10時55分
外資系ホテルの狙いは「二線都市」へ、内需を狙う―英メディア
画像ID  269885
14日、ランガムやシャングリラなど、世界的に有名な高級ホテルチェーンは、内陸部を含む中国の「二線都市」にも経営を拡大させる。富裕層の増加を前に内需に狙いを定めたようだ。写真は浦東シャングリラ上海。
2010年12月14日、英紙フィナンシャル・タイムズ(中国語版)によると、世界的に有名な高級ホテルチェーンのランガムホテルズ・インターナショナルは、中国の中級都市に狙いを定めている。北京・上海・広州といった国際的大都市だけではなく、寧波や大連などいわゆる「二線都市(中級都市)」にも、経営を拡大させる計画だ。5年以内に6軒の新規開業をめざす。こうした流れはランガムだけではなく、シャングリラ ホテルズ&リゾーツも今後、中小都市へと経営を展開する。

その他の写真

ランガムホテルズによると、同社はまず、大都市にフラッグシップ店を開業させ、周辺都市に系列を展開させる計画。いわゆる「二線都市」は、海外の大都市と人口面では劣ることはなく、産業・金融・インフラ面においては今後、地域の中心となりうる存在だ。大都市・上海でまず、当初の予想以上の実績をあげていることもあり、今後への期待度は高い。

シャングリラもまた、同様の観点から中小都市への展開を計画する。包頭(内モンゴル自治区)・長春(吉林省)、常州(江蘇省)などに加え、迪慶(雲南省)・満洲里(内モンゴル自治区)・唐山(河北省)・秦皇島(河北省)などでも開業する予定で、今後2〜3年のうちに10軒を開業予定。同社の朱福明(ケント・ズー)グループダイレクター(セールス&マーケティング担当)は「外資系ホテルの競争が苛烈さを増す中、ローカリゼーションを目指している」と語る。

同氏によると、「これまで、外資系高級ホテルの主な顧客は国内外からのビジネスマン。しかし経済危機の後、大都市部ではこうした客層が激減した。中小都市であれば、金融危機などの(海外情勢の)影響は少ない」と語る。また、いわゆる中国の内需に目をつけたこともこうした経営展開の理由だ。米コンサルティング大手マッキンゼー・アンド・カンパニーによると、中国の富裕層は2008年の160万世帯から、2015年には440万世帯に増大する。外資系高級ホテルの狙いはまさにこうした客層の獲得だ。現在、中国全土では客室数にして22万5000室分のホテル建設が進行中だ。(翻訳・編集/小坂)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事