Record China

ヘッドライン:

ごみが都市を包囲する、旧式の埋め立て処理で二次汚染の危険性も―中国

配信日時:2010年12月12日(日) 7時29分
拡大
1/4枚
2010年12月10日、法制晩報は「中国の3分の2の都市がごみに包囲されている、焼却・埋め立てで二次汚染が発生」と題した記事を掲載した。

その他の写真

統計によると、中国の4分の1の都市に基本的にごみ埋め立て処理場がなく、3分の2の都市がごみに覆われている―。湖南省長沙市でこのほど開催された第5回中国都市発展市長ハイレベルフォーラムで、中国科学院エネルギー研究所の関係者はこのショッキングな数値を明らかにした。

ごみ問題が深刻化しているのは、北京などの大都市だけではない。中小都市にまで問題は広がっている。放置されたごみが占める土地面積は5億平方メートル以上、経済的損失は年300億元(約3780億円)に達するという。

たとえ処理されたとしても、旧式の埋め立て方式では二次汚染が発生しやすい。処理コストの高さも問題だ。ごみの分別、そしてごみの減量と資源化が喫緊の課題となっている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

都市がごみで埋め尽くされる=日本など先進国の処理方法に学べ―全国政治協商会議

2010年3月、開催中の全国政治協商会議において、複数の委員が合同で生活ごみ処分方法の改善を求める提案を行った。中国では埋め立て処分方式が採用されていることが多く、環境汚染や土地の浪費などの問題を生み出している。写真は北京市のごみ分別処理工場。

Record China
2010年3月11日 12時31分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング