Record China

ヘッドライン:

尖閣衝突事故で日本外交が転換=中国重視路線を捨て日米同盟再強化へ―米紙

配信日時:2010年11月22日(月) 16時32分
拡大
17日、米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは、日米中関係に関する記事を掲載。尖閣問題を機に日本は同盟国・米国との関係強化に転換したと分析している。写真は06年10月、重慶市で行われた広島市との友好都市締結20周年記念式典。
(1/4枚)

2010年11月17日、米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは、日米中関係に関する記事を掲載した。尖閣問題を機に日本は日中関係を外交の柱の一つとする方針を捨て、同盟国・米国との関係強化に転換したと分析している。21日、環球時報が伝えた。

その他の写真

同紙は、「今や日中関係、米中関係を均衡させようと考える人は誰もいない。日本は試みたが失敗した」というある匿名の日本官僚のコメントを掲載。対中関係を新たな外交の中核に据えようとする日本の新たな外交は、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事故の影響で放棄されたと分析している。

18日、環球時報の取材に答えた清華大学の劉江永(リウ・ジアンヨン)教授は、「(日米関係の再強化を唱える)主張は日本にはずっと存在していたもの。安倍晋三元首相、麻生太郎元首相もこうした考えを持っていた。しかし、それは日本に数多く存在する主張の一つに過ぎない」と日本外交が転換したとの分析を否定。「日中関係を悪化させたいとの考えは米国の一貫した立場。覇権主義を振りかざす米国は常に自国の利益に基づいて行動している。ゆえに日中関係に対して複雑な心境を持っているのだ」とコメントしている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<レコチャ広場><尖閣動画流出>そもそも機密?問題は「流出」なのか「事件」なのか―日本

2010年11月、尖閣諸島における漁船衝突事件のビデオがユーチューブに流出するという前代未聞の騒ぎが発生した。政府部内からの情報流出、つまり機密情報の管理不徹底がそれを上回る大問題として浮上して来た。写真は内部告発サイトの創設者。

Record China
2010年11月6日 22時0分
続きを読む

<尖閣問題>日中間の問題に国際法は適用しない、「関係ない国」は介入するな―中国紙

5日、尖閣問題をめぐる日中の対立が続くなか、米ホワイトハウス当局者が中国に「国際法を守るよう」求めたことに対し、「国際法を適用するという考えには全く根拠がない」と中国紙が反論した。写真は福建省晋江の母港に戻った、海上保安庁の巡視船と衝突した中国漁船。

Record China
2010年11月5日 21時13分
続きを読む

ランキング