絶大な権力を誇る中国悪徳官僚、でもインターネットが怖い―台湾紙

配信日時:2010年11月14日(日) 17時30分
絶大な権力を誇る中国悪徳官僚、でもインターネットが怖い―台湾紙
画像ID  266826
絶大な権力を握る中国の官僚。後ろめたいことも多いため、その多くがネットで悪行をばらされることを恐れているという。写真は南京国際展覧センター。無線ランに接続する会議参加者。
絶大な権力を握る中国の官僚。後ろめたいことも多いため、その多くがネットで悪行をばらされることを恐れているという。2010年11月、台湾紙・旺報が伝えた。

その他の写真

最近話題となったのが江西省宜春市万載県の陳暁平(チェン・シャオピン)委書記の失言。中国社会科学院農村発展研究所の于建[山栄](ユー・ジエンロン)教授が700人以上の公務員を集めた講演会で、一般市民住宅の取り壊しをなるべく避けるよう訴えたところ、陳委書記は「もし取り壊しをしなかったら、君たち知識人はどうやって飯を食べていくんだね」と発言した。

于教授はこの発言をネットで公開したところ、たちまち話題となった。さらに「北京に正常ではない陳情を行う者には、1回目は訓告と罰金、2回目は勾留、3回目は労働教育だ」との、陳委書記のある会議での発言も暴露され、大変な騒ぎとなった。

ただちにネットユーザーは「人肉捜索」(ネットユーザーの協力で個人情報を特定すること)を実行。所有資産から子どもの学校、留学経験の有無、妻の仕事と居場所など汚職の証拠がないか徹底的に調べられた。結果、陳委書記の息子が米国留学していることが発覚。賄賂を受け取っていない限り、息子の留学費用は支払えないのではとの疑惑も浮上した。ネットの騒ぎにマスコミも追随。ついに陳委書記は雲隠れしてしまった。

こうした騒ぎは他の官僚にとっても他人事ではない。ある調査によると、官僚の47%はインターネットに恐怖を感じているという。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事